FC2ブログ

【ピオフィオーレの晩鐘】フルコンプ感想【ネタバレなし】


こんにちは、黒みつきな子です|゚ー゚)ノ
当ブログにお越しくださりありがとうございます。

楽しみにしていた新作、『ピオフィオーレの晩鐘』
遂にトロコンしてしまいましたー。・(つд`。)・。

終わらせてしまうのが惜しいほど、楽しめた作品となりました!
世間様での評判もよろしいみたいで、ピオフィといいシャレマニといい、オトメイトさん好調ですね?これはパリカーさんも期待出来そうですね。まずはswitch買わなきゃならんが。

それはともかくとして、ボリュームもシナリオの内容もキャラクターもスチルも色々と充実していた『ピオフィオーレの晩鐘』のフルコンプ感想をさくっと述べたいと思いますよー。


20180907003616e9f.jpg
公式サイトはこちら

Scenario シナリオ


全体的に丁寧な印象です。ライターさんの他作品でも思ったことなんですが、会話がすごく丁寧で分かりやすく、会話シーンを見ているだけでも楽しめました。今作はどちらかと言うと、地の文よりも会話文の方が多いので尚更。
あと個人的な好みとしては、ライターさんの書く地の文がすごくしっくり来て頭の中に内容が入ってきやすいので好きです。

内容としては、“マフィアに支配されている街”が舞台の上攻略対象がそのマフィアのカポ(トップ)など、中枢の人間や重要な役割を担っているキャラクターばかりなので規模が大きいかなーと私は感じました。ただの一都市の範囲じゃんと思うか、私のように思うかどうかは人によると思いますけど。

でも、ルートによっては街から国家規模へ、そして大陸規模、世界規模…と広がりを見せるシナリオでもあるので、お話に膨らみがあります。更にはヒロインが教会の人間だったりと、かなりがっつり“宗教”の成分が含まれます。宗教と聞くと不安しか感じないのは私だけだろうか…。←
更にはファンタジー要素まで。

色々と盛り沢山な感じではありますが、だからと言って風呂敷を広げすぎて収拾がつかなくなっちゃったぜ☆みたいなことはないように感じました。ベースを考えるともっと色んな話があっても良いように思えますが、実際には本筋のストーリーだけじゃなくヒロインと攻略対象の恋愛においてもバランスが良かったと思うし、良い意味でコンパクトに収まってるんじゃないかなーと。

恋愛過程も丁寧でした!どのルートも、まずは日々の暮らしの中で人となりを知っていき、そこからじわじわと惹かれ合い恋愛に発展していく、という形だったので、性急さは全く感じませんでしたね。むしろ徐々に距離が近付いてる感じに、そしてその為のイベントにきゅんきゅんニヤニヤしっぱなしでした(*ノωノ)

だがしかし…勿論この作品、甘さだけではありません。むしろ、恋愛のお陰で若干マイルドになってるかな?ってくらい殺伐とした世界観です。銃声・斬撃音なんて普通です。ドンパチやりつつ、人もバッタバッタと死んでいきます。モブは勿論、それなりに重要かな?っていうサブキャラも、ルートによってはメインキャラでさえも容赦なく死んでいきます。
そこまで直接的な描写はありませんが、怪我なんて日常茶飯事、血飛沫ブシャアや薬物の描写も、何なら拷問描写だって出てきます。スラム街などもあるし、なかなかシビアな世界観です。

何よりも辛いのが、攻略対象それぞれ皆立場が全く違うので、具体的に言うならば抗争なんてしちゃう敵対組織だったりするので、誰かを選べば立場の関係で誰かしらが敵に回ります。何なら選んだキャラ以外全員敵になるなんてルートも。直前にプレイしたキャラが次のキャラのシナリオではラスボスだった時のしんどさよ…。
そんな感じのハードなシナリオです。

そんなわけなので攻略対象同士殺し殺されなんて当然あるし、ベストエンドは敵対していたメインキャラの屍を乗り越えて…なんてのもあって、ベストエンドくらい皆生き残ったって良いじゃない(;ω;)って何度思ったことか…。しんどいの連鎖。

でも、そこがピオフィの良さでもあるんですよね。今作には完全なる悪役は恐らくいません(どこまでを“信念”などと取るかにもよりますが)。躊躇なくぶっ飛ばせるような徹底した悪役がいればある意味気持ちよく終われたのかもしれませんが(笑)
敵対と言っても、それぞれの立場や価値観、信念の違いによるものなので、それらを貫く様が本当に格好良いんです。特にメインキャラ。

ベストエンドだからとご都合主義的に皆で仲良く和解しましょーなんてならないからこそ、そんな彼らの姿を見れるのだと思うとなんだか得をしてる気持ちになってきます。皆好きだからこそしんどいんだけど、そのしんどさこそが味、みたいな。

また、上記のようなシビアなストーリーなので、選択肢を少しミスっただけでもBADエンドに直行したり、それでなくとも望む展開に行けなかったりと、エンディング分岐は勿論、ストーリーにおいても薄氷の上を歩くようなハラハラ感も味わえます。それによって先が気になってしょうがない病が発症・進行し、気付いたら数時間…なんてこともざらです。

さらに、ヒロインのような一介の少女の手には負えない事態が降りかかるので、無力感や運命に翻弄されている感も味わえちゃいます。そしてだからこそ想いが通じた時やベストエンドを迎えた時の喜びや感動は一入。
噛めば噛むほど美味しい、そんなスルメ的なストーリーでした(〝⌒∇⌒〝)


Sweet 糖度


あっまいです。私にとってはかなりの糖度でした…。
CERO:Dは伊達じゃない。暴力や犯罪だけじゃありません。これにはセクシャルも含まれています。何をとは言わないが最後まで迎えてるのが殆どです😇

身体的な接触も多く、精神的な繋がりに関してもシナリオがシナリオだけに相対的に甘く感じました。あとは、基本的にヒロインは守られる側なので、守られシチュが好きな方には美味しいシーンがいっぱいあると思う。


Volume ボリューム


個別シナリオのボリュームが滅多にないくらいたっぷりあります。
初回プレイ時間が約8時間で、内共通ルートは45分程度だったので、いや~すごい充実してますねぇ。やたらとムッズい攻略に掛かった時間を考慮しても、個別ルートと考えると十分すぎるほどのボリュームだと思います。

それを考えると、クリア後のおまけが5分と掛からない彼視点SSとCGコメント、フルコンプスチルだったのは若干控えめかな?…と、思いましたが本編の満足感がかなりのものなのでちょうど良いくらいですね。


System システム・演出


必要な要素はだいたい揃ってる。…が、不親切なところもなくはないって感じですね。
ボリュームを考えると選択肢スキップくらい欲しかったな~…なんて。一応chapter選択できる機能もあるんですけどねー。

あと、デフォ名呼び付けるなら顔グラも欲しかったと思わなくもない。まぁピオフィさんの地の文は標準的なもの、台詞の時は吹き出し的な仕様などの切り替わるテキストウィンドウは気に入ってるんですけも。それを考えると顔グラの配置は難しそうだし。

あと一番欲しかったのは愛キャッチですよねー。とんでもなく攻略難しかった…。新作だから久々に自力攻略頑張ろー👊なんて言ってた癖にあまりにも難しすぎて、いい加減物語の先を知りたいんじゃあ!!ってなって最後の方は攻略サイトに頼らせてもらいました( ゚∀゚) どうしてもベストエンドを最後に回収したかったので、地味に調整が難しいBADとGOODを回収するのに手間取りまして…w

だからせめて愛キャッチさえあれば良かったのにって思っちゃいますね。何せ好感度以外にもパラメーターがあって、更にはピオフィ目玉システム《MSシステム》でどのイベントを見たかもエンディングを左右するわけだし…、しかもステータス画面が見辛いことこの上ないので。プレイしている内に慣れてはくるし、謎にやりがいなんかも芽生えちゃったりもするんですけどね( ˘ω˘ )

あとはMSシステムがもう少し分かりやすければ良かったかな?それぞれのタイミングで、表示されてる文章が全部表示されてからピコン!って出るので、高確率で次に送っちゃってバックログから戻る羽目になる。既読スキップでも完璧スルーされちゃうので、気が抜けませんでした(笑)

システム的には私は好きなんですけど。ヒロイン視点だけじゃ知ることの出来なかったことを知れるのは物語を楽しむ上で個人的に重要な部分なので。その点は、とても魅力的なシステムでした!

演出面は全体的に凝ってた印象。サイレント映画を意識したとのことで、全体を通して映画のような演出が為されます。プロローグのムービーは期待値を高める作用があったし、MSシステムの演出もフィルムを切り替える感じで面白かったし、真相ルートへのカウントダウンとか、EDムービーがクレジットが流れるだけの超シンプルなやつだったとか、ピオフィの世界観に合ってて良かったです。


Graphic グラフィック


どれも美麗だしどれも丁寧でした。欲しいところにさっとくれるし、枚数もそれなりに多目なのでグラフィック面に関しては十分に満足してます(^^)ちゃんとBADエンドにもスチルがあるのが良いよね。

ただ、見返してみたところ似たような構図もあった……のですが、これはリリィちゃんがやたらと押し倒されちゃうせいだな、うん。ということで全然許しますっていうかもっとやれ。

そうそう、これも見返してて気付いたんですけども。
楊だけ圧倒的にヒロインとのツーショットスチルが多いという事実( ゚∀゚) これは贔屓だー!💢となる前にフフッてなりましたね。楊さん流石すぎる…w

画面のデザインなども、作風に合った落ち着いた色合いですごく雰囲気がある感じですごく私好みでした。背景も、目を見張るほど綺麗!というわけではないけど、レトロな感じで世界観にぴったりです。


Music 曲・BGM


特別耳に残る、というのはないけど、流れている中で「あ、好きだな」となるBGMは幾つかありました。個人的には特にメインテーマが好きですね。

ED曲がエンド毎に3曲用意されているのも嬉しかった。ムービーの方が超絶シンプルで特に面白味があるというわけではなかったのですが、どの曲も最後まで聴いてしまうくらい良曲ばかりでした。


Special おまけ


パラメーターを設定して好きな章から始められるChapter Jump機能、ギャラリー(CGコメント付き・ムービー含む)/辞書機能/音楽観賞/ボイス・スチル付きショートストーリー/ストーリークリア率を確認できるPROGRESS。クリア後のオマケとしてフルコンプスチル、がありました。

クリア率が表記されるものはあまりプレイしたことがなかったので、新鮮でした。プレイ中もシステムメニュー画面で簡易的ではありますが確認も出来たので、大まかな目安となってくれました。中途BADの回収漏れも分かるしね。
そして、数字として表されることで全て100%にした時の達成感も大きかったです。

惜しむらくはMSシステムでのイベントを自由に見返せるようなリスト的なものがなかったことです…。


Character キャラクター


どのキャラクターも魅力的でした。なんというか、あまりギャップを感じなかったんですが、ギャップ大好きマンの私でも十分に楽しめたというか。

外見から予想される性格、プレイ前の段階でうかがえるキャラクターと、実際にプレイして感じたキャラの性格とはあまり開きがなかったように思います。だからと言ってそれが駄目とかそういうわけでは勿論なく、定番だからこそ分かりやすく、そして萌えられたのだと思います。シナリオが濃ゆいので、キャラクターまで変に捻りを加えられるとお腹いっぱいになりそうだし、ちょうど良かったと思います。

ヒロインのリリィちゃんは、ちゃんと自分を持ったしっかり者の聖女系ヒロインでした。お花畑ヒロインではなく、きちんと現状や罪を認識・見つめた上で赦し手を差し伸べる感じ。

よく作中で賢い女だとか、お前のおかげだとか、すごい持ち上げられまくってる感じがあるのに少し引っ掛かりつつも、きちんと自分の考えもしっかりとした意志も持っているし、リリィちゃんだからこその着眼点とか、割と現実的なところとか、更には料理などの家事スキルも完備…と、確かにかなり良くできたヒロインでした。しかも美人。私も結構好きなヒロインですリリィちゃん。

それから、プレイ後キャラクターランキング~!✨などもやりたいなーと思っていましたが、皆良かったのでいまいち順位を決めきれず。

とりあえず箱で推しつつオルロックかなーって感じです。でもニコラも楊も捨てがたいし…でも一番救ってあげたいのはオルロックだからなぁ…(-ω-)ウーンって感じで(笑)
でも個人的にカプだったらギルリリが一番しっくり来るなぁって感じです。

オルロックはとにかく顔が好きですね。←
私の乙女ゲー史上でも五指には入るだろう程に超好み。豊永さんの声もめちゃくちゃ合ってる。
普段可愛いのに、実はメイン5人の中で一番戦闘能力高そうなところがとても良きですね。でもやっぱり他と比べると幼くて、そして不憫なところがツボでした。とにかく救ってあげたくなる。

そしてサブキャラの中からメインレベルで好きなお方が…。
あのエンジェルフェイスのエミリオさんです。
あんなナリしておきながらめちゃくちゃ老成してるし、なんか只者じゃない感漂いまくってるのが本当に好きです(笑) ファンタジーに片足突っ込んでる感じだし(もしかしたら片足どころじゃないかもだけど)、傍観者的立ち位置の最終局面でのサポートキャラクター(秘密兵器)って感じ(超主観的)でとても心惹かれます。

でもほんとちょっっとしか出てきてくれなかったので、続編なりFDなりで何かしらのエピソードがあると嬉しいなぁと期待している(気が早すぎる)



そんな感じで、フルコンプ感想は終えたいと思います。まーた長々とやってしまった…。
個別感想は気が向いたら頑張ります( ´∀`)←

次は何をプレイしようかなぁ…ってことで、巷で人気のシャレマニさんを購入致しましたので、
2018090700502919f.jpg
これをやろうかなーって思っていたのですが。

久々のカラオケで軌跡シリーズの楽曲を(歌えるやつのみ)制覇してきたので、今無性に軌跡シリーズがやりたい気分。勿論空FCから。

まぁでも、非ヲタの妹が緒方恵美さんのファンでシャレマニ緒方さんのキャラだけやらしてくれぃと催促してくるので、順当にシャレマニやるかな。そもそもその予定だったしね…。

ではとりあえず、本日はこれで失礼したいと思います。
ここまでお付き合いくださりありがとうございました!ヽ(*´∀`)ノ♪



↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT