FC2ブログ

【大正×対称アリス HEADS & TAILS】フルコンプ感想


どうも、黒みつきな子です(-∀-)
当ブログにお越しくださりありがとうございます。

いい加減溜め込んだ感想なんとかしろや第一弾、対アリFD(PC)です。発売日にプレイ開始してフルコンしてからもう既に1年以上が経過…。記憶がうっすらどころかぼやっぼやのフワッフワで怪しいどころの騒ぎじゃありませんが、何とか絞り出してみたいと思います。

では早速、簡潔に、極力ネタバレしないように、あっさり風味に仕上がるよう努めて参りたいと思います!(`・ω・´)ゞ
※あくまでも私という一個人の意見・感想だということをご留意下さい。そして私は世間一般の嗜好からは若干ズレているという自覚があります!←
また、今作はFDということで、本編のネタバレが多分に含まれている可能性が高いです!本編未プレイの場合はブラウザバック推奨!!





『大正×対称アリス HEADS&TAILS』応援中!


Scenario シナリオ


シナリオは大別すると、①【本編でサブキャラだったキャラクターの視点による裏側の物語】、②【本編END後のアフターストーリー】、③【学園パロのパラレルワールド】の3つ。
どれも良い意味で対アリらしさが詰まったシナリオになってたかなーと思います。①は基本シリアスですけど、対アリらしい雰囲気でコミカルなシーンとのメリハリがあって良かった。

①は本編に入れても違和感なかったくらいです。百合花ちゃんの兄である猟師さんと友人のオオカミくんの視点を借りて、本編の時間軸で現実世界では実際に何があったのか?というのを丁寧に描いてくれたので、より深く対アリの物語を、そしてその登場キャラクター達をより深く理解することが出来ました。
それぞれサブキャラとして、物語の主軸になる立場とは違った外側から見たストーリーになるので、百合花ちゃん達を俯瞰することでまた新しい一面を垣間見ることが出来てとても面白かった。やっぱり百合花ちゃんは個人的ベストオブヒロイン。

それから、乙女ゲームしてないところも良かったかな。猟師編は良いお兄ちゃんとして、オオカミ編は良い友人として、選択肢はあるけれど、それによって百合花ちゃんとどうなるっていうのがなくてホントに良かったです。諒士さんとは個人的に理想的な兄妹関係を築けるし、オオカミくんは…報われて欲しかった気持ちもあるけど、あくまでもこれは百合花ちゃんとアリステアの物語の裏側なので。その部分を貫いてくれたからこそ、とても満足の行くストーリーになっていたと思います。対アリが対アリである最たる部分だしね。
まぁオオカミくんに関してはちょっと期待したけどな!(;ω;)←

アフターストーリーは、まぁFDらしく甘~い感じでもあれば、本編から残っていた問題を乗り越えて更なるハッピーエンドを目指す感じでもあって、各キャラクターらしさが出ていた後日談だったと感じました。そして、対アリらしく“鏡の国”の特性を利用した仕掛けもされてあって、それに気付いた時は流石だなぁと。
アフターストーリーに関しては、私にとって魔法使い編が真骨頂でしたね~。この物語を見れただけでも買う価値あった!!と諸手を挙げるくらい最ッ高に満足のいくストーリーでありました!あまり泣かない私の涙腺がゆるゆるになるくらい感動しました…🙏✨基本どれからやっても良いと思うけど、魔法使い編は最後にプレイすることをオススメする。

学園アリスは……まぁ正直おまけに過ぎないというか(笑) 私としては特にあってもなくても良かったかなぁって感じのやつでしたねw ストーリーは公式のあらすじの通りというか…基本ギャグ路線でした。そして確実に飽きが来るやつ。でもまぁ、飽きつつも最後までプレイ出来ましたし、それなりに楽しめましたね。何と言っても百合花ちゃんの制服姿が可愛すぎる…!(≧Д≦)


Sweet 糖度


FDですからそれなりでした。でも単純に甘いだけじゃないところが良いところですね。
後日談は勿論のこと、学園アリスの方も本編とは違ってそこまで余計なしがらみがない分、単純に恋愛をすることが出来るので、結構甘かった印象です。


Volume ボリューム


FD、ということでお察しください…( ˘ω˘ )

猟師編とオオカミ編は、共にボイスは飛ばさずに5時間半程度とまぁまぁの長さではあったんですけど、アフターストーリーは短いのなんの。記憶が曖昧な部分があって正確かは分かりませんが、確かボイス飛ばさずに40分程度ととっても手頃な長さだった気が…。
まぁ甘ーい後日談を長々とやられても困るというか、お腹いっぱいになってはしまうんですけども。好きなだけにもっと欲しかったなぁ、と思わずにはいられないというか。

その点、学園アリス編は1周目がだいたい1時間半くらい…だったかな?で、おまけと言うに相応しい内容でありながら、おまけと言うには長すぎる、という何とも矛盾を孕んだうんたらかんたら(それらしいことを言ってみたかっただけ)。


System システム・演出


PCって滅多にプレイしないんですけど、やっぱり全体的に快適だった印象。何よりヒロインである百合花ちゃんの顔グラ・デフォ名呼びがあるだけでも、多少不便だろうがどうでも良いと思えるくらい有り難いことですわ。

攻略自体は①は愛キャッチとかステータスとかないんで猟師編が特に難しかった…というかエンド回収のためにずっとグルグルしてましたw オオカミ編は嘘をつくかつかないか、なので割と簡単だった印象。
学園アリスは基本とにかく目的のキャラの好感度を上げて行けば良いだけだったのでらくらく。更に好感度確認も出来るので分かりやすかったです。

それから、どれどれをクリアしたらこれが解放されるよ~なんてこともなく、最初から全てのエピソードをプレイ出来たのは好印象。まぁガッチガチに制限で固められていた方が悩まずに済んで個人的には良いかもですが、やっぱり最後は好きなキャラで気持ち良く締めたいですからね~。でもやっぱりアフターに関しては魔法使い編を最後…ではなくとも終盤にプレイした方が面白いと思います。


Graphic グラフィック


めろさんの絵やっぱり好きだ~~。
絵に関しては特に好みに左右される部分なので難しいんですけど、どれもこれも綺麗だし可愛いです。
学園アリス編のために衣装差分が追加されていたことも嬉しかったですね。制服が可愛すぎた…。
まぁボリューム相応にスチル枚数も控え目だったのが残念な部分かな。


Special おまけ


おまけはほぼないです( ;∀;) スチル・シーン・BGM・ムービー鑑賞があるくらいで、クリアで解放されるおまけは皆無。公式サイトにも記載されている、本編に関するおまけが少し収録されているくらいです。


Character キャラクター


FDをプレイすることで、全員への愛着が深まったことは勿論、何と言っても百合花ちゃんへの愛が爆発しました…。

百合花ちゃんって、過去プレイしてきた乙女ゲーのヒロインの中でも特にハイスペックだと私は認識していて、作中でも「狂っている」と言われちゃう感じのちょっと一風変わったヒロインなんですけども。
今作では猟師編/オオカミ編で、百合花ちゃんを外側から、かつ兄と友人という立場のためある程度近い部分から見ることが出来るので、前述通りの部分の他にも、可愛らしい普通の女の子のような一面や弱い部分にも触れることが出来たので、更に百合花ちゃんが好きになりました。文句なしに私的ベストヒロイン。好き。

攻略キャラ達も、前へ進もうと努力してる姿を見られたり、百合花ちゃんとのあれやこれやで可愛い部分が見られたり。そしてサブキャラという立場の諒士兄さんとオオカミくんの、百合花ちゃん達を支える姿勢というか、心遣いに感動したりと、やっぱり好きだなぁと実感したわけです。
特にオオカミくんは株がぐぐんと上がりましたよ~゚.+:。∩(・ω・)∩゚.+:。幸せになって欲しい。

好きなキャラ順に関しては、本編プレイ時からそんなに変わってませんが、アリス×百合花ちゃんのアリありコンビが殿堂入りして、単体で好きなキャラトップが魔法使い。そしてそこにオオカミくんが並んだ…って感じですね(´ω`*)
でも皆好きだ~~~!!



対アリという物語を生み出してくださってありがとう…🙏と公式への感謝を示しつつ、これにて幕を閉じたいと思います。

よっし、FDだというのもあるだろうけど、いつものフルコン感想の文字数より半分近く減らせたぞ…!←
この調子で、溜め込んでいる感想をフルコン感想だけでも書いていけたらと思いますo(`^´*)

ではでは、最後までお読みくださりありがとうございました!


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT