FC2ブログ

【Dance with Devils】楚神ウリエ 感想


「【Dance with Devils】楚神ウリエ/立華リンド 感想」にしたかった…。


どうも。ゲームが進んでいるようなそうじゃないような黒みつきな子です(・ω・`=)ゞ

ダンデビ思ったよりサクッと終わらせられたので、早速初回攻略したウリエさんの感想を書きに来ました~。

前回の記事でなんか色々と言ってたんですけども…。結論を言うとかなり楽しかったですw シナリオもそこそこ楽しめたし、今のところヒロインであるリツカちゃんには好感しか持ってないし。

雑感を述べた後、すぐに個別ルートに入ったところストーリーに引き込まれて一気にクリア出来ちゃいました(笑) ツッコミどころ色々あるんですけど、恋愛部分が好みの展開だったからより楽しかった~。

まぁそういうわけでウリエ√は無事終了したんですけど、まだ明確に攻略順を決めていなかったので次は誰にしよう…って悩んだ結果、美味しいモノは最後に残す派なので比較的気になっているレム・シキ・ローエンは後に回し、ヤバイと噂のシキとリンドを連続でやるのは流石にどうかと思ったので、消去法でリンドに決定。

【ウリエ→リンド→メィジ→シキ→レム→ローエン】って感じで今のところは攻略していこうと思ってます。

というわけでリンド目指して進めていたんですけども。いかんせん私の苦手どころか地雷の兄キャラなのでねぇ…。リンドのキャラ自体は嫌いじゃないし、むしろリツカちゃんにお兄さんとして接している姿には(行き過ぎた行為に目を瞑れば)好感が持てるんですけど、やっぱり恋愛モードをチラチラ出してくるのでひたっすら無心でボタン押下してました( ˘ω˘ )特にヒトorアクマ選択肢モードね。

しかもレム様が格好良くて…!リンドを目指しているはずなのに、ついついレム様にばっかり目が行っちゃうという事態に(笑) 斉藤壮馬さんのボイスが耳に心地好くて落ち着きます。

まぁでもなんとか個別ルートまで辿り着いたんですけど、ソッコーで実の兄妹じゃないってことが分かるのでこれからを思うとヒエェェエ((( ;゚Д゚)))って震えが止まらない。でもボタンを押す手は止まるという。
しかしトロコンを基本としている身としてはやらないという選択肢はない…!……ということで、一旦期間を設けることにしました←

冒頭の言葉からも分かる通りリンド√クリア出来ていないことは明白ですが、それどころか一旦ダンデビさんには積み山の方に帰還してもらうことにしましたよ\(^o^)/笑

違うゲームを挟んで覚悟を決める…!というより単純に会話タイプの作品ばかりやってた感じなので、もっと小説感のある作品をプレイしたかったと言いますか…。

で、数ある積みの中からどーれーにーしーよーうーかーなーと選んだところ、人気もあって評価の高い遙か6や三国恋戦記などを総スルーし、何故か最終的にあまり評価のよろしくないと思われる(私の印象)『蝶々事件ラブソディック』に落ち着きました。

そんなこんなでプレイを始めたわけですが、これが楽しい楽しい。がっつり地の文もあるし、小説を読んでいる感覚に近いので「こういうのを求めてた…!!」って感じで意気揚々と楽しんでいます。そして気が付いたら1人クリアし既に2人目エンド目前。

わりと時間を掛けずにクリアできるので、このまま蝶々事件を終えてからダンデビに戻ろうかなと方針を固めたところでそろそろ本題に入りたいと思います。
前置きが長すぎた。


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


では本日のメインディッシュのウリエさんのざっくり感想です~。ネタバレ上等!な方のみお進みください。





ウリエさんは、ウリエ・メィジ・シキの3人の中だったら一番入りやすいかな~?と思って初回プレイに選んだんですけど、まさか個別ルート入ってすぐにリツカちゃん暗示に掛かるとは思わなくて、もしかしなくてもかなり特殊なルートだったのか?とちょっと心配になりましたねw

まぁこの展開も、共通ルートからリツカちゃんに対してかなり親身な姿勢を見せていたけど、あぁやっぱりね…って感じでした。とは言えまさか初っ端から暗示とか予想外だったけどもw
これからどーなるんだ!?と先が気になってしょうがなかったので、ある意味掴みはバッチリ(笑)

最初から好感度が高いより、マイナスな状態から徐々にプラスに持っていく過程が好きなので、ウリエの親身な態度、そして手に入れたいとの欲求はリツカちゃん自身を求めてのことじゃなく、グリモワールの情報源もとい器としてのことだったと明示されたことは個人的には良かった(^o^)<リツカチャンニオトサレロ

そこから少しずつウリエの心境に変化が訪れて、最終的に想い合うようになるまでの過程は丁寧で良かったと思う。きゅんきゅんしました。

ただまぁウリエがリツカちゃんに惹かれるのはよく分かるんだけど、リツカちゃんがウリエに惹かれる理由がよく分からなかっ(殴

基本的にヒロイン視点のはずなのに、何故かリツカちゃんがいったいいつウリエを好きになったのか分かりませんでした(笑) 私の感覚ではいつの間にか両想いになっておった。

そもそもリツカちゃん心広すぎない??信用したした途端暗示を掛けられたのにどうして激おこじゃないの?共通ルートで色々と助けてもらったとは言ってもそれも思惑あってのことだし。

まぁリツカちゃんにとってみれば、思惑はどうあれ助けてもらったのは事実ってことかな?兄から諸々ネタバラシされた時も責めることなく私だけが何も知らずにのうのうと生きててごめんなさい、守ってくれてありがとうっていうよく出来た子だもんな…。

リツカちゃんがいい子すぎて輝いて見えるよ。芯が強いところも高ポイントだし、行動力あるところも良いし、兄とかから生徒会の連中には関わるな!と心配を押し付けられてもそれを受け入れるんじゃなくちゃんと自分で判断しようとするところもとても好感が持てる。プレイ前の心配はどこへやら、私の目にはとても魅力的なヒロインに映っています。
だからこそ自分との乖離がすごすぎて共感するのがなかなかムズカシイですな←

でも1つ言いたいことが。
もっとリツカちゃんの表情差分をくれ!!!せめて照れ顔を…。恋愛ゲームにおいての照れ顔の重要性…。

それはまぁ(良くはないけど)良いとして、複雑な家庭環境、幼馴染であるレムへの劣等感などの諸々の理由から何をしても、得ても満たされなかったウリエが、リツカちゃんとの真実の愛とやらを手に入れて救われる…っていうストーリー展開は私の好みだったのでとても楽しめました。

リツカちゃんへの想いを自覚してからのウリエさんはとても良きでした( ˘ω˘ ) ダンスパーティー?だっけ?ではこれまでは絶対に敵わないと諦めていたレムの前から連れ去っちゃうし、特に告白シーンは最高でした!

「僕を…好きになってくれませんか」って…。

ずぎゅん!!!
ってきました。これまではもっぱらリードする側だったウリエが、敬語でリツカちゃんに対して乞う感じだったのがめっちゃくちゃ良かったです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

それからヒト√とアクマ√に分岐しましたが、個人的にはアクマ√の方が流れ的にはしっくり来たかな?エンドはヒト√の方が良かったけど。

アクマ√は、幸せな空気をぶち壊すが如く吸血鬼の王ネスタ(イケボ)襲来!鬼強くて敵わねぇ!リツカちゃん(グリモワール)を守るためにとりあえずウリエと2人逃避行!その先のエクソシストの修行場みたいなとこで立華博士の研究資料発見!グリモワールは615年周期でヒトとアクマのハーフに宿るという事実が発覚!ならそれどっちかに傾ければいんじゃね?ってことでリツカちゃんはアクマに!無事グリモワールは消えたけどなんとリツカちゃんの記憶は消えて暗示が掛かっていたときのような従順な子になってしまった!どうするウリエ!

…とだいたいこんな感じだったはず。終始ハラハラしっぱなしで面白かった~。

モブ吸血鬼は笑えるほど雑魚っぽいのにネスタさん強すぎて勝てる未来が全く見えないレベル(笑)ウリエ以外の3人が「ここはオレに任せろ!」とバリバリのフラグを建てつつリツカちゃんたちを逃がしてくれたのは良かったなぁ~。
随所でウリエとレム様の絆が感じられるところが最高にイイですΣd(゚∀゚)フラグもばっちり折ってくれたので一安心w

それから、R18じゃない乙女ゲームではエロ展開いらないと思っている私ですが、今回のは流れ的に良かったと思います。ウリエの種族からそうなるだろうな、と予想がついていたこともあるし、グリモワールを消滅させるためっていう明確な目的もあるし。純粋に萌え…るところなのかは知らないけど萌えられた。

そして、グリモワールを消すためにウリエの眷属になったは良いものの、まさかのリツカちゃんの記憶消失っていうね。世界はもうちょっとウリエさんに優しくしても良いんじゃないかな?って思うくらいウリエに厳しい( ;∀;)

でもだからこそウリエのリツカちゃんに対する真摯な想いを更に実感できたし、ふとした言動で記憶を失くしてもリツカちゃんの根底部分は変わらないんだってウリエが感じるところはぐっときたし、記憶を取り戻すために色々と思い出の場所を巡るのとか良かった。

また、ヒト√は単純にこれまで忠実に従ってきたレム様の信用を失ってでもリツカちゃんを守るために生徒会連中と戦う!ってお話でした。

リツカちゃんを逃がそうとわざと辛く当たったり、傷付けてでも嫌われても、もう2度と逢うことが出来なくなろうと、リツカちゃんの命を守ろうとする覚悟にすごく胸を打たれましたね。

別に疑っていたわけじゃ決してないんだけど、「あー、この人本当にリツカちゃんのことが好きで大事でたまらないんだなぁ」って実感できてとても幸せな気持ちになれました(*´ω`*)

実際に戦うことになった時も、いつも余裕な態度なウリエがすごい必死で食らいついていて、上記のような気持ちが再来した。でもやっぱりウリエの強さに関してのシナリオ補正すごいよね。

というかレム様はウリエとの関係があったとしても本当にグリモワールを手に入れる気があるのか?って感じでしたw 本当に手に入れる気ならさっさと多勢に無勢で襲い掛かれば良いのに…←

エンドに関しては、ヒト√もアクマ√も、バッド的展開のエンド2好きですね~。ヒトエンド1は勿論1番ハッピーエンド!って感じで好きなんですけど、ウリエ√はバッドもどちらもお気に入り。

というかバッドでこそウリエさん輝いてました。バッドでこそウリエの愛を感じられる。

アクマ√での、まさかのネスタ再来で抵抗もままならず2人ともやられ、リツカちゃん死す。ウリエさんぶちギレでリツカちゃんを殺したネスタを灰塵に帰して自らもリツカちゃんの隣で永久に眠る…エンドと、ヒト√のリツカちゃんの誕生日まででも守ろうと満身創痍になりながらも1人で生徒会に立ち向かい、守り切るもリツカちゃんを遺して死んでしまう。救われたはずのリツカちゃんも目覚めることはなく…エンド。

どちらもウリエが格好良すぎてな…。愛が溢れすぎててぐっときた。しんどいんだけど、これまで乙女ゲームで見てきたバッドエンドの中でもかなり好きなエンドでした。

ヒトエンド1では、ちゃんと無事に守りきり、レム様との絆やレム様の格好良さを感じることも出来たし、レム様と3人でチェスとかしちゃってたし、最初の目標だった日常も戻ってきてハツピーエンド!純粋に良かった(ニッコリ)って微笑めるエンディングでした("⌒∇⌒")



ということで、ウリエ√楽しめましたー!ヽ(*´∀`)ノ
バッド的な展開も、単純にバッドエンドとするんじゃなくてハッピーエンドと区別することなくきちんと作ってくれてて個人的に嬉しい。

ダンデビの他のルートも期待が高まりました(とどの口が言うのか)。
まぁそれもまずは蝶々事件を楽しんでからだな!

では、今日の分のゲームを楽しんできます😁ここまでお付き合いくださりありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT