スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『空蝉の廻』始めます!


こんばんはー!(=゚ω゚)ノ

訪問ありがとうございます!そしてこれまでの記事にも拍手やポチ、コメント等々を頂きまして、大変ありがたく思っております(*- -)(*_ _)ペコリ


お久しぶりですー!
ついにやっと…一ヶ月の時を経て『CLOCK ZERO~終焉の一秒~Extime』のプレイが終了致しました!

いやぁ長かった。そりゃもうこれでもかってくらいのボリュームでかなりの満腹状態ですよ。
前回の記事では確かあまりハマり込めない…(´・ω・`)とか書いたと思うんですけど、何だかんだ人気作だけあってかなり面白かったし、私も楽しんでプレイできましたね~。

私の大好きな作品3トップと比べてしまうとあれですが、CZのキャラ同士の会話のテンポとか言葉の選び方だったりがほんっとに好きで…。泣きゲーで有名な作品としては私の場合なかなか泣けなかったのでその点については本来の楽しみ方は出来なかったのかなー?って思いますけど、最後の最後でホロリと来てくれたしやっぱり良作だなーって実感しますね。

まぁそんなわけで、無事に長らく積んでいたCZの攻略も完了!ということなので早速お次のゲームに取り掛かりたいと思います(*´艸`*)

次にプレイする作品は勿論こちらです!


20170806225041b72.png
公式サイトはこちら

今日からは、遅れ馳せながら先月末発売の新作『空蝉の廻』をプレイしていきますよ(*´∀`)♪

あらすじ


日本全土が平穏な暮らしを送っていた江戸時代。
本土から海を隔てた孤島には、「死の国」とつながる二つの門があった。
亡くなった人の魂を死の国へ送り出す灯巌門を祭るのは鎮宮一族と人々。
死の国に入れない魂が悪霊となり出てくる湖巌門を守るのは魂宮一族と鬼たち。
門は二つで一つの魂の廻りという役目を担うものであったが、人と鬼は過去の因縁から長らく憎みあってきた。
それでも、魂の廻りはうまく回っていたはずだった。
ただ一つ、鬼や人を襲う妖魔が出てきてしまうことを除いては。
それ故、鬼の役目は妖魔を斬って死の国へ送り返すことが主体となっていた。
妖魔を死の国に返すには、魂を送る鎮宮の力を借りることが必要だった。
そのため、鎮宮と魂宮だけは儀式で定期的に顔を合わせていた。
しかし、それは人と鬼の融和には結びつかなかった。
その儀式は鎮宮にとって、島を守るための義務でしかなかった。
魂宮には、憎き人の力を借りなければならない忌々しい事態でしかなかった。
そんな中、二つの門に原因不明の異変が起こり始める。
それは、「死」に関わる魂の廻りが滞ることを意味していた。
そして、不吉な予兆のように、おびただしい妖魔があふれ出てきた。
こうして、鎮宮である主人公と鬼たちの魂の廻りを守る戦いが始まる――



こちらの作品、雑誌で初めて知ってからかなり期待していた作品なんですけど、プレイされた方の反応を見る限りだと期待通りだと思って良さそうで一安心です。

ただバグが酷いらしいのでそこだけが心配ですね。こうして考えてみると私って今までかなり快適にプレイしてたんだなーって(笑)バグらしいバグに遭遇したことないですもん。なので尚更不安なんですよね(^-^;
それに私あまりこまめにセーブ取らないで後で後悔するタイプの人間なので…(´・ω・`)

まぁそこは私自身が気を付けていれば良いことなので、今後パッチが配信されることを祈りつつ(出来ればプレイ前かプレイ中が良いなぁ…)、これも私にとっては新鮮なコンテンツとして楽しめばいいかな!←

取り敢えず、内容とか絵とかキャラクターとかは結構好みそうなものが揃っているので、バグという障害を乗り越えながら楽しみたいと思いますですよ。

公式サイトを見る限りだと、結構シリアスな内容になっていそうだし、設定とかもしっかりとしている感じがするのでなかなか好印象です。ボイスドラマなんかも配信されたりしていて、かなり力を入れてるのかな?…まぁ私聴いてないんですけどね!(^ω^)←

あらすじからすると、生死観にも関わってきそうだし、鬼と人という種族間の確執っていう問題とかも結構好きだったりするので、話の内容としては面白そうです。勿論、ハッピーエンドありきのことなので、そこに至るまでのお互いを忌み嫌っている描写とか見るのは気分悪い部分もありますけどね。

恋愛に関してはマイナスから発展するものが個人的には好きなので、そこは二人の間にはどの組み合わせでも大きな問題が横たわっていると思うし問題ないとして、あれですよね、CERO:D…。

別にそういった描写が嫌だとかはないんですけど、個人的には気持ちの繋がりだけで充分っていうか、あえて入れる必要もないんじゃないかなーって思うわけですけど……でも公式サイトのギャラリーで知影さんがヒロインを襲ってるスチルを見て購入意欲が多大に増したことも事実(^q^)
早くあのシーンが見たくてウズウズしてますw

まぁそこに関しては恋愛過程を考えれば自然なこととして受け入れられるらしいので、ちょっと楽しみな部分でもあります。ただしリップ音はいらない。

それでですね。私がこの作品の購入を考えたきっかけが、ヒロインの天音ちゃんなんですよね。もうめっっっちゃ可愛くないですか??o(*゚∀゚*)o
個人的にビジュアルがツボなんですよね。しかも性格とかもかなり私好みそう。

私の理想のヒロイン像を変えてくれた対アリの百合花ちゃんとまではいかないまでも、次にお気に入りのヒロインであるコドリアのカルディアちゃんに匹敵するくらいには好きなヒロインになる可能性を秘めている子ですね!

ストーリーとか、その展開とか恋愛模様とかも楽しみなんですけど、何よりもこの天音ちゃんを見守ることが楽しみだってところもあります(笑)

で、天音ちゃんのビジュアルが私好みだって言ったんですけど、空蝉は全体的にグラフィックがすごく綺麗ですよね~。スチルとかこれからどんなものが拝めるんだろうってわくわくしっぱなしです。スチルとかの絵だけじゃなく、背景も綺麗だって噂なので楽しみです。

あと公式サイトを見て思ったことが。システム紹介のページで、ゲーム画面が見れるじゃないですか。そこで、まぁ世界観にも合ってるし普通なんだろうけど、テキストのフォントが好きだなぁって思ったわけですよ。

乙女ゲームって、やったら可愛かったり丸っこかったりするフォントが多いイメージなんですけど、私としては明朝体みたいなすっきりしたフォントだと読みやすくて有り難いなぁって思うんですよね。

勿論可愛いフォントも好きですよ。ただですね、シリアスなシーンでそのフォントでテキストを読み進めてると何だか気が抜けちゃうんですよね~(^-^;
和モノだと高確率で明朝体かそれに近い字体なので有り難いです。

それから、字の大きさですよね。あまりテキストウィンドウいっぱいいっぱいだとう~ん(^_^;)ってなっちゃいます(笑)無論字が大きい方が読みやすくて有り難いって方がいるのは百も承知ですが、全体的にすっきりしている方が好きです。

あやかしごはんとかはフォントは丸っこくて可愛かったんですけど、字の大きさが小さすぎるくらい小さかったので全体的にはかなり好きでしたね。

と、まぁこれまでにも度々感じていたことをこの場を借りてぶちまけたわけですが、まぁ単なる私の嗜好なので思いっきり聞き流しちゃってください(笑)

では、そろそろ本題に戻りまして、プレイ前の気になるキャラ順の発表をば。
敬称略です。

1位 柊知影(cv.立花慎之介)
2位 結鶴(cv.田丸篤志)
3位 颯(cv.内田雄馬)
4位 魂宮魁(cv.谷山紀章)
5位 相良泰臣(cv.興津和幸)


以上です。

柊さんはさっきも言った通りのあのスチルで気になるキャラナンバーワンに躍り出ましたね(*´・ω-)b←
優しげなお兄さんの顔の裏に隠された素顔が気になって仕方ないです。絶対√楽しい。でも彼って攻略制限ついてるみたいですよね。なので最後のお楽しみとして取っておきます。

結鶴くんは、たまたま購入した雑誌で危うげな感じのスチルを見てからこの子もなんかすごいの抱えてそう…!って感じで気になってますね。ビジュアルは一番好きです。

3位以下はそんなに変わらないですね~。というか正直言ってあまり興味がないといいますか…(オイ
まぁこの中だったら颯が一番私の好みそうかな?ってことで3位に、魁さんは完全に私の問題でちょーっとメインヒーローだと敬遠しちゃうんですよね(笑)でもキャラクターとしては良さそうだし、メインヒーローということで√は楽しめそう。

そして最後に相良さん。個人的には、主従の恋愛はあまり好きじゃないと言いますか…苦悩するところは良いんですけど、恋愛に走った途端に役目とか立場はどうした!って思っちゃうんですよねw
まぁそれもカプによるのでこの二人の恋愛をどう思うのかはまだ未知数ですけど。

とまぁそんな感じです。


では最後に攻略順を置いておきます。

今のところは、【魂宮魁 → 颯 → 相良泰臣 → 結鶴 → 柊知影】の順番でプレイしていこうと思います٩( 'ω' )و

順当にキャラ紹介順で、相良さんと結鶴くんを入れ換えた形ですね。メインヒーローはやっぱり導入としては良さそうなので、特にオススメの攻略順がなかったら大抵こんな感じの順番になっちゃいます。
気になるキャラを最後に持ってこれるので結構良さげな攻略順……だと信じたい(笑)



では、以上で随分と久しぶりのプレイ開始記事を終了致します\(^o^)/

ではでは、本日もここまでお付き合いくださりありがとうございました(*゚▽゚*)♡



↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒みつきな子

Author:黒みつきな子
遅まきながら最近(具体的には2年前くらい)乙女ゲームにハマった成人済み♀。大学に通いながらのろのろペースで積みゲー消化中。ただし積みの山は低くならないどころかむしろ肥え続けている模様。
ちなみにかなりのものぐさのためゲームだけでなくプレイ感想も溜め込んでます。(と本末転倒なことを言ってみる)

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在のプレイ中ゲーム
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~another record kairi_icon_45.png
お気に入り
◆悠久のティアブレイド

h00_15.jpg

◆大正×対称アリス

t_alice_header_15.jpg

◆Blackish House

icon_noa_45.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。