FC2ブログ

【Blackish House sideA→】キャラ別感想②


こんばんは!(*・∀・*)ノ

まずは、訪問ありがとうございます!これまでの記事にも拍手やポチ、コメント等々を頂きまして、大変ありがたく思っております(*- -)(*_ _)ペコリ


早速ですが、前回の記事の続き、ブラハAキャラ別感想の後半戦に突入したいと思います~!٩( 'ω' )و
藤吾と澪の感想ですが、今回も長い(笑)
ネタバレがっつりしてますので、未プレイの方はお気をつけくださいね!





姫崎藤吾(cv.柿原徹也)

20170528230930612.jpg

なかなかヤバかったですね…。感情がない、分からないというより感情が一部欠落している、といった方がしっくりきますが、プレイしていてニヤケが止まらない程のぶっ飛びっぷりに、私としては大いに満足です( ˇωˇ )←
これまで辛辣な態度ばかりを見てきた澪の優しさにきゅんとしたと思ったら、懸念していた通りに本番の前にぶっ倒れまして、代役を頼まれた藤吾が本性を顕し始めた時にはテンションが上がりまくりました(笑)優しげな表情も好きだけど、あの虚ろな目…!嘲るような表情…!あ、好き(^q^)ってなりましたw
それからですね、貰ったラブレターびりびりしちゃうところね。多くの人がラブレターを破くなんて…!と憤るところなのでしょうが、私としては読んだ後に捨てた!?( ゚Д゚)と失礼ながら驚愕してしまいました…wてっきり読まずにポイすると思っていただけに、読んであげただけマシだと思った私はおかしいのかしら…(^ω^ )という割とどうでもいい話。
そして藤吾の澪に対する執着を知り、役者として尊敬している澪を守るために“姫崎藤吾の恋人役”となることを決意した雛ちゃん。偽の恋人っていう展開はかなり良かった。
最初の頃の雛ちゃんがあまりにも藤吾に対して嫌悪感丸出しなのが笑えましたが、“恋人”らしく遊園地デートをして、そこで知った藤吾の過去…感情を失った経緯を聞き、雛ちゃんの藤吾に対する感情が変わっていくと。たとえきっかけが同情からだったとしても、愛情を与えてもらえなかった藤吾の支えに少しでもなれるなら…と思える雛ちゃんは本当に良い子です。
そしてそんな雛ちゃんを見て藤吾にも変化が訪れると…。変化の兆しが見えるのは良い兆候だと思いますが、こういう奴の場合は必ずと言って良いほどとんでもない方向に進むのでどちらかといったら嬉しさよりも恐怖を感じました(笑)そして案の定澪から徐々に雛ちゃんに執着の対象を移してきた…!w雛ちゃんの存在が藤吾に変化をもたらしたことは喜ばしいことですが、これは何とも言えないな…。
そして決定的に関係が変わるきっかけとなった、藤吾にラブレター渡してた子の雛ちゃんへの暴行。絶対奴が来る…!!とびくびくワクワク()してましたが、やっぱり現れた藤吾w一見穏やかなのが恐怖を煽ってきます。そして持ち出されたハサミ(笑)目には目を、歯には歯を的な感じで障害事件に発展…!?と思ってたけど髪を切っただけだった(´・ω・`)藤吾にしてはよく我慢できたな!と誉めてあげたくなる私はやっぱりどこかおかしいのか\(^o^)/私はMでは全くないですが、「ところで君誰?」にはゾクッというかきゅんっとしました。自分の大切なもの以外は全く興味ないってスタンス大好きですはい。
執着や独占欲、嫉妬を押し付けてくる藤吾に対して、結局は拒みきれない雛ちゃんなので、周りにも分かる程あからさまに関係が変わっちゃったのかな…。見かねた澪様が助けてくれたけど。ほんとこの人格好良いな。
そしてスチルつきの乃亜とのシーンがあったのは嬉しかった!今のところ乃亜が一番気になってるキャラ…というか最推し候補なので。そのスチルがホント美しくて…!拝みました。
澪達の絆っていうか繋がりっていうか…お互いを大切に思っている感じが伝わってきてほわっ…(*´ω`*)としました。剛円セラの絡みも好きだけど、澪藤吾乃亜の絡みが一番好きかもー。というか澪が一方的に弄られてるの面白い(笑)
藤吾と引き離された雛ちゃんは皆に守られてると分かっていながらも藤吾のことが気になってしょうがないところとか、もう好きなんだろ…!?認めちゃえよ!とじれったくてたまりませんでした。そしてここでも乃亜さん大活躍。一見ふわふわしてるのに良く周りを見ていて、ズバッと現実を突き付けてくれるところとか厳しいこと言ってくれるところとか、でも結局は助けてくれるところとか本当好きです。
そして乃亜に色々と言われてもそれを受け入れて、認めて…ってきちんと現状を分かった上で自分の意思を貫こうとしているところがとても好印象でした。
それから、なんやかんやあって藤吾自身も心を封じた過去を思い出し、心をとっくに取り戻していたことを認めるという。ここの藤吾視点は面白かったですね。最初の学校彷徨うところとか藤吾の異質さが良く表れてるし、部屋で一人雛ちゃんを想って泣いちゃうところとかもじーんときました。
心を取り戻してからの藤吾の変わりように驚くものの、良かったね…(つω;)ってなるし、可愛いと感じるところも多々ありました。自分の想いを雛ちゃんに受け入れてもらう自信がないところとかね、いじらしくて可愛い…!ほんっと面倒臭いけど、私面倒臭い男大好きなので(2次元に限り)勿論彼も大好きです。雛ちゃんがいてくれて良かったと思うし、藤吾には雛ちゃんがいなければとも思う。未来に希望が持てるルートでした。
ちなみにベストエンド、グッドエンドが良いのは勿論だけれど、個人的には監禁エンドもメリバ的な感じで好きだし、自殺エンドも後味悪くて良かったです(^q^)



宇賀神澪(cv.石川界人)

20170528230931c5a.jpg

さ、流石メインヒーローと言わざるを得ない萌えと感動を与えてくれました…。
チョロいって聞いていたのであまり期待してなかったところはあったんですが、チョロいって扱いやすいってことか!恋愛的な意味でデレるのが早いって意味じゃなかったのかー。なかなか素直になってくれないし、すごく良い具合の…ツンデレ?これはツンデレと言って良いのか…?まぁとにかくシナリオ面でも、恋愛過程も好みでした。
最初は、度を越した傲慢さやひねくれ具合に強情だなーと呆れたり、辟易したりしてましたが、ストーリーが進むにつれて可愛さがどんどん増していき、最後には格好良い…んだけどやっぱり可愛いいぃ!!:(*´////`*):と悶えるしかなくなりましたね。
それにしても雛ちゃんめっちゃ襲われるなーwそれだけ可愛くて、隙が多いってことなんだろうけど。このルートでも夏祭りに襲われかけるし、澪が助けてくれたと思ったら「汚らわしい女」という傷心中の女の子に向けるにあるまじき暴言を吐かれるしと、散々でした(笑)そこで雛ちゃんの中の澪の印象が大暴落し、なるべく関わりたくない!とまで言わせるとか流石すぎる…w
そんな雛ちゃんですが、名前を売るという名目でミスコンに出場することに。なかなか覚悟が定まらず、ずーっと悩んでるわ稽古でも伸び悩むわでもうほんっとこのルートもしんどかった~( ;∀;)雛ちゃん自身も欠点を持つ問題児の一人だからその克服や成長をもたらすイベントがあるのは当然なんだけど…ずーっとうじうじしてる雛ちゃんにイライラするよりは、共感しちゃって心が痛かった…(笑)
それでも、由衣お兄さんにアドバイスを貰い、一人稽古に励む澪を見て、その澪から色々と学んで最後にはきちんと向き合う覚悟を決めてくれるところは私も雛ちゃん同様晴れ晴れとした気持ちになっちゃいますね。アパートの皆も何だかんだ優しくて、恋愛面だけじゃなくこういった仲間同士の絆なども面白いところです。
そして2人の距離を縮める切っ掛けとなった藤吾の私物(笑)である手錠に繋がれ一緒に多くの時間を過ごそう大作戦。こういうの大好きです(^q^)勿論突っ込みどころはありましたが、こういう時は細けーこたーいーんだよ!の精神で頭を空っぽにして楽しみました。お陰で床ローリング出来るほど萌えた。
暇だし一緒に映画を見るか~ってなって、あの澪様がグロいのダメだという可愛い一面を知ることが出来たし、雛ちゃんが課題を提出しなければならないって時にも何だかんだ言いながらもちゃんと付き合ってくれるの優しいし、一緒のベッドで寝てくれるし、最後にはデレてくれるし!!やっぱり好感度マイナスからの恋愛は楽しいなぁ…(*´艸`*)これはこれまでのどのルートにも言えることだけど。
その後の澪はデレの破壊力が半端無さすぎて、何度も何度も悶えちゃいました:(*´////`*):一緒に帰るために正門で待ち伏せしてるとか最高かよ!!
そしてやっぱり澪様も身内との確執があるのですね…。この場合は色々とややこしくなってすれ違っちゃっただけだったけど。でも澪にとっては潔癖症になるくらいだし、とても深刻なことなのだろうけど。まぁ1回きりとは言え、浮気をするのは悪いことだと思うし、澪に対する対応ももっとやりようがあったんじゃないかな?とも思うけど、不器用なのは親子一緒ってことで。普通に良い人で良かった。最後は和解できて良かったー!
あれだけ自信に満ち溢れている澪も弱いところがあるとか、こういうのって結構定番だと思いますが、だからこそ良いですよね(*´-`)藤吾と同じく澪にも雛ちゃんがいなければならない、いてくれて良かったと思えますね。とても良きカップルでした。
それにしても、悠翔はZでの真相担当って感じで特に他に隠されてるものはないと思い込んでましたけど、まさかここの繋がりがあるのかー!と驚きでした。雛ちゃん達の家計状況とか諸々の謎が残されてましたけど、まさか悠翔が澪の異母兄弟だったとはね…。なんか共通バッドとか見ると、普段の悠翔の普通の頼りになる幼馴染みの男の子って感じが余計に怖くなっちゃいますね(´゚ω゚`)そのまま受け取るとすごく良い人なんだけど、どうしても裏を考えちゃう(笑)
まぁそれはZでのお楽しみに取っておいて、澪ルートのクリスマス公演から最後にかけては、流石メインヒーローと言うほどに素晴らしかったと思います。劇中のスチルも美しいし、雛ちゃんに対しては潔癖症克服して触れられるようになるし、最後の告白もちゃんと素直じゃなかった澪からっていうところもポイント高いし、最後には皆に祝福されながら終わるところもとっても良かった!それにしてもあの澪がまさか雛ちゃんの近くにいるためにアパート生活を選ぶなんて…(つд;)もうここまで来ると感無量で…。サイドAを締め括るに相応しいルートだったと思います!
スペシャルステージもなかなか下世話な話題でしたけど、萌えも笑いもあって満足です。あれを卒業してやってもいい、という話から早速その晩に励んだは良いものの結局ダメだったのには笑わせてもらいましたwまた後で見返して笑うことにしよう( =^ω^)←
それから、澪の声を担当している石川界人さんは、黒蝶のサイケデリカから声結構好きだな~って思っていたんですが、この度彼の演技も好きだということに気付きました!これからもどんどん活躍してくれると嬉しいな~(*´˘`*)♡




では以上でブラハAのキャラ別感想終了ってことで!

いや~書ききった!如何せん作品自体にボリュームがあるし、これでもかなり端折って書いたんですけどなかなか長くなりましたね(笑)

あとはフルコンプ感想を書いたらブラハAについては一段落って感じだけど、その前にこのまま続けてブラハZやろ~(^ω^≡^ω^)
ということで、寝るまでの時間はブラハZのプレイに充てたいと思いますのでそろそろ失礼します。

ではでは、本日もここまでお付き合いくださりありがとうございました(*゚▽゚*)♡



↓よろしければポチっとお願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒みつきな子

Author:黒みつきな子
遅まきながら最近(具体的には2年前くらい)乙女ゲームにハマった成人済み♀。大学に通いながらのろのろペースで積みゲー消化中。ただし積みの山は低くならないどころかむしろ肥え続けている模様。
ちなみにかなりのものぐさのためゲームだけでなくプレイ感想も溜め込んでます。(と本末転倒なことを言ってみる)

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在のプレイ中ゲーム
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~another record kairi_icon_45.png
お気に入り
◆悠久のティアブレイド

h00_15.jpg

◆大正×対称アリス

t_alice_header_15.jpg

◆Blackish House

icon_noa_45.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
広告