FC2ブログ

【BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-】フルコンプ感想


こんばんはー!(●´ω`●)

まずは、訪問ありがとうございます!これまでの記事にも拍手やポチ、コメント等々を頂きまして、大変ありがたく思っております(*- -)(*_ _)ペコリ


本日2回目の投稿です!

そしてそして…ようやくフルコンプ達成致しました~!«٩(*´∀`*)۶»
やっぱり半月掛かっちゃいました(笑)もっとさっくりプレイできるようになりたいとは思うものの、この作品はとっても楽しかったので終わらせてしまうのがとってももったいないと感じてしまいました。

年明け早々、こんなに素敵な新作をプレイすることが出来て良かった~(*´艸`*)
今年の新作たちに期待を持たずにはいられない、それくらい個人的に評価の高い作品になりました!(まぁこれ移植だけど)

そんなブラウルのフルコンプ感想をこれから綴って行きたいと思います!٩(ˊᗜˋ*)و
ネタバレには配慮しておりますので、未プレイの方もよろしければ是非是非見てやってください!(,,>᎑<,,)





PCソフトとPSPソフトを1本に、ということで、かなりボリューミーな作品でしたね~。
本編は勿論、後日談やその他のおまけなどもそれぞれについているのでお得感が半端なかったです( ˇωˇ )

猫種の双子王子がメインのBloody Nightmare――通称BNと、狼種っていうかラスがメインのLast Hope――通称LHの2本仕立てとなっていて、様々な角度からこのブラウルという世界を楽しめます。

タイトル画面からそれぞれ選べるので、どちらからでもプレイすることが出来ますね。ただ、やっぱり移植前の作品が発売された順で考えると、BNをプレイしてからLH、というプレイ順が順当かなとは思いますね。
でもここは変に規制を掛けなくて良かったとは思います。

BNの初回プレイ時間は12時間ほどで、ボリュームあるな~って思ったんですけど、選択肢の感じとかである程度予想できると思うんですけど、個別ルートがくっそ短かったです!笑
多分一時間もあれば1キャラの全エンド回収できる(笑)

とは言っても全体の共通ルートがあって、それから猫種ルート・家族ルート・狼種ルートの3つにそれぞれ分岐してから個別ルートって流れなので、キャラ別共通ルートの最初のキャラの時はそれなりに掛かるかなってところです。とは言っても多分3、4時間くらい…。

それでも個別ルートはどのキャラも短すぎて驚きました(笑)私は基本攻略サイト様にスタートからお世話になっているんですけど、最初から最後まで人物選択肢だったから嫌な予感はしていたんですけど…まさかここまでとは(^ω^;)
最早個別ルートじゃなくて個別イベントとエンドですよww

なので若干の描写不足を感じるルートとかもあったんですけど、概ねしっかり完結していたし、さくさくクリア出来るのでむしろ良かったかな、とも感じられます。あまり冗長すぎてもだれてきちゃうしね…。
個別ルートが短いからと言って、恋愛の展開が早すぎる!とかどうしてこうなった!?という謎展開がよくあるってわけじゃないんですよね。

まぁ謎展開…はあるにはあるけど、それは別に個別ルートのボリューム云々ってわけじゃなくて、ただキャラの頭がおかしいというか…(笑)←

なんというか、共通に含まれる範囲が広いんですよねー。普通これ個別ルートでやらない?っていうようなイベントやシーンが沢山共通ルートにあるというか…。
この作品はすごく攻略対象視点っていうか、ヒロイン視点じゃない場合が多いので、キャラクターの心情描写も十分すぎるくらいあるし、過去だって色々と回想してくれるからどうしてこのキャラはこうなったのか、というのもよく分かります。

というか、ブラウルはヒロインの知らぬ間に事態が大きく動き出している場合が殆どだからヒロイン視点だけじゃ絶対足りないんですよね(笑)
攻略キャラクターの権力とか大きいし、もうヒロインの力じゃどうにも出来なかったりと、流されるしかない展開が多かった印象です(^ω^)笑

そして、LHの方もそんなにBNとの大きな違いはなかったですね。
初回プレイ時間は9時間半くらいで、BNよりも短くてあれ?って思ったんですけど、これって多分一人目に猫種のメヨーヨをプレイしたからなのかなって思ってます。どちらかというと狼種メインのストーリーですし、狼種からプレイしてたらもっと長かったんじゃないかな~と思ってるんですけどどうなんでしょう(-ω-)←

それから、分岐の仕方も同じ感じです。ほぼ人物選択肢で、誰の好感度を上げているかや、どんな行動をするかでどのルートに入るか決まるといった感じです。
ただ、LHはBNよりは個別ルートのボリュームがアップしているように感じました。

猫種ルートは変わらずだったんですけど、狼種はまぁまぁで、家族組が結構個別ルートって感じで長かったです。家族組だけエンドの分岐とか最後らへんの選択肢が人物選択肢じゃないんですよ!
私としては狼種ルートのボリュームがもっと欲しかったと思わなくもない…(´・ω・`)

BNも、LHも、結構物語の流れとかに違いがあって飽きずに楽しめました!設定とかキャラクターは完全に一緒なんですけど、BNは猫種側から、LHは狼種側から物語を綴っていく感じなので、共通の事実とかも認識の違いとか、ヒロインが真実を知っていく過程とかが違って面白かったです。

BNは物理的に痛い描写とかが多かった印象なんですけど、BNよりは控えめって聞いていたはずのLHは精神をゴリゴリ削られます(`・ω・´)笑

シナリオの展開的に、BNは血を見ることになったり、暴力的な感じや救いのない展開など、クズで冷酷な猫種メインだから容赦ないシナリオだったんですけど、LHの方は狼種メインだから、凄惨な迫害や狩りの様子やゾディバの恐ろしさなどが描かれていて、精神的に全然優しくなかった\(^o^)/もちろん痛い描写もあり!
…あれ?LHの方が色々と大変じゃないか?笑

まぁ、LHはその名の通り、グッドエンドを迎えてもどこか不穏な空気が漂うBNとは違って、ちゃんとグッドはグッドだから…(一部除く):;(∩º﹏º∩);:
まぁ言えることがあるとすれば大団円はないってことですね!←


糖度は…私がこれまでプレイしてきた乙女ゲームの中でも随一ってくらいに糖度が低いです!ww
むしろ糖度が欠片もないってキャラもいます(笑)

恋だの愛だのが全く出てこないままエンディングを迎えた時は随分驚きました…w
シナリオが面白ければ糖度なんて低くても全然良い!って思う私でも流石にこれは驚きましたね。

でも、これまでストーリーを進めてきて、全く恋愛感情などを持っているようには感じなかったのに、エンド直前になって好きだの愛してるだのそんな展開になったらかなり違和感があると思うので、むしろ貫き通してくれて良かったと思っています。

しかしこれも一部のキャラなので、ちゃんと基本的には皆恋愛してますよー。
でも、恋愛よりもシナリオの大筋が濃密すぎて、恋愛してないわけじゃないのに「これは乙女ゲームじゃない!」って言われるのも分かりますね(^ω^;)


システムは可もなく不可もなくって感じで、特に便利なところも、不便なところもないかなって感じですね。
いつものオトメイトさんともRejetさんともちょっとボタンの配置とか違ってて、最初は慣れなかったんですけど。
まぁ可もなく不可もなくって言ったけど、不満はあるにはあるんですけどね~。

まず、あれだけ共通ルートが長いのに選択肢スキップがなかったのはもったいなかったなって思いますね。
最初から最後まで人物選択肢だから途中セーブとかも殆ど使えないし…ほぼスキップだったから大変だった(>_<)

スキップがかなり速かったからまぁそんなに不満があるわけじゃないんだけど、あれば良かったかな~って感じですね。

それからとっても重要なのがデフォ呼びがないことですよ!!
折角フィオナ、って名前を呼んでくれることが多いのに、デフォ呼びがなかったら萌えが半減しちゃうよ…(´;ω;`)
やっぱり私にとってデフォ呼びってかなり重要な要素なんだなって思いました。

ヒロインの顔グラは可愛くて良かったですΣd(゚∀゚)


グラフィックは個人的に好みではないんですけど、スチルも背景も諸々のデザインも、ブラウルの雰囲気に合っていてとっても良かったと思います!

私は特にタイトル画面が好きですね~(*´ω`*)
BNは赤と黒、LHは青と白って感じで色が対照的なのも綺麗で良かったです!

スチルも、ピリキューに引き続きあまり好きな絵柄じゃなかったんですけど、この頃の絵柄は可愛くて好きですね。
パケ絵と結構違うと思うんですけど、スチルの絵柄は全体的に淡い感じで、立ち絵よりも若干幼い感じで可愛かったです。

一見ブラウルの暗い雰囲気やシナリオとかに合ってないようにも思えるんですけど、全然そんなことないですね。すごく絶妙なバランスで成り立ってると思います。

容赦のない展開なのに、可愛い絵柄のスチルがバーン!と出ても、特に雰囲気を壊さずに、むしろ癒されるというか…きっとこの絵柄じゃなかったらクズなキャラを許せてなかったかもしれないと思うくらいです(笑)

公式アートブックやファンブックが出たら購入したいと思うくらいにはファンになりました…。

枚数も結構ありましたし、差分もかなり多くて…グラフィックに関してはかなり満足しています!(*´˘`*)♡


おまけはかなり充実してますねー!
BN、LHそれぞれの後日談SS(ボイスあり)に、これまたそれぞれにスチル鑑賞、ムービー鑑賞、BGM鑑賞、そして全シーンリスト(再生可)、自己紹介やそれぞれのエンドについてのコメントなどが聴けるおまけボイス、ゲーム内辞書、そしてキャラと触れ合えるグルーミングと、驚きのボリュームです!

スペシャルシナリオ(後日談)は1話5分も掛からず見れるようなボリュームですが、BNとLHそれぞれ攻略対象分あるので、全部で17個もあります!それに確か後日談が殆どだったので甘いんですよ~まぁブラウル本編と比べてですけど。

スチルにはスチルタッチボイスもありますし!
まぁ私全部は聞いてないんですけどね(^ω^)笑
枚数もそこそこあるので、かなり見ごたえありますよ~!
あのキャラのゲス顔とか泣き顔とかを眺めようと思ったらすぐに見返せます!(๑•̀ㅂ•́)و✧←

攻略対象が多いからスチルやムービーとかもいちいち多いんですよね。スチルなんて一人辺りはそんなに枚数ないのに全部合わせるとそこそこの枚数になるっていう。
そしてムービーは各キャラ毎にあるし、さらにOPとはまた別にプロローグと各共通ルートに入る時のムービーなどもあって、おまけを網羅するだけでなかなか気力がいります(笑)

そしてBGMがほんとに良いんですよね~この作品!もちろんOPとEDも何度も見ちゃうくらい素晴らしいんですが、今回はBGMをずーっと流してましたね。こうしてブログ書いてる時とか。
すんごい良かったです!サントラ欲しいと初めて思いました。

それから、全部のシーンか見返せる機能は有り難いですね!共通ルート長かったし、スチルの部分だけだと絶対足りない。やっぱりどの作品もこの機能欲しいですね!
まぁシーン埋めきれてないんだけどね…。これがトロフィーに関係なかったことだけが救いです…(笑)

それから、おまけボイスはちょうどいいボリュームで、私にしては珍しく全て聞き終えました!
自分の種族に合わせて語尾を変えるというパートがあったんですけど、狼種と獅子種の語尾に凄く物申したい…(-ω-)笑
それ語尾じゃなくない??ww

そしてグルーミングは一部キャラしかやってないんですけど、そこそこ楽しかったですね。カーソル動かしてキャラの立ち絵をタッチしていくだけなんですけど、反応がなんか…うん……。可愛いよ!うん!

といった具合に、すごく充実してます!
本編終わった後も楽しめるので、やっぱりおまけは堪能するにしろしないにしろ、あった方が有り難いですね!


ヒロインがいい子で可愛かったので良かったですね(´,,•ω•,,)♡
やっぱりヒロインに好感が持てないと楽しめるものも楽しめないですしね。

本当、ヒロインの救済力が半端ないんですよ(笑)
一部キャラには対抗できないどころか飲み込まれちゃうんですけども、攻略対象キャラを救う力が半端ないです。聖女様です。

病弱だし、物理的には全く役に立たないヒロインなんですけど、自分の信念はしっかり持っているし、自分の分を弁えてるっていうか、ちゃんと自分の出来ることと出来ないことを分かっているので、かなり好感の持てるヒロインでした。

攻略キャラクター達も、癖が強いのばっかりでしたね~( ¯∀¯ )
頭がおかしいキャラが数人…闇を抱えているキャラが多数……。普通の人が全然いないんですよ!多分一人しかいない!笑
でもそんなお前らが大好きだーーー٩(*´ `*)۶

そんなわけで、プレイ後の好きキャラ順を発表したいと思います!
随分順番変動したと思いますね~。


1 ラス
2 ギラン
3 ユリアン
4 オージェ/ザラ
5 アルル
6 リッチー
7 メヨーヨ
8 パール/エルザ
9 ネッソ

(ラス≧ギラン≧ユリアン≧オージェ=ザラ≧アルル≧リッチー≧メヨーヨ≧パール=エルザ>ネッソ)


こんな感じです!
どのキャラも好きなのですごい順位に悩みました(´-ω-`)
今回は攻略人数が多かったから順位を付けたけど、この…数字をつけるだけじゃ表現しきれない微妙な感じ!なので見にくいけどいつもの表記も付け足しました。
気持ち的にはこんな感じです(笑)

ラスとギランとネッソはポンポンと決められたんですけどね…後の子達がなかなか。
3番目は誰かな?って考えた時に、おまけボイスを堪能してる最中、もしかしてよく考えたら私ユリアンのこと結構好きかもしれない…と思い至りまして(笑)
こんな順位に繰り上げられましたねw

私的にはメヨ様がそんなにハマらなかったのと、大好物のショタキャラが低めの順位だったってことが自分でも以外でした。
オージェはなんだか好きなんだけどな~やっぱり私頭おかしいキャラが好きなんだな~( ー̀ωー́ )←

アルルも年上キャラなのに結構良かったですね!というか狼種は全体的に良かったと言うか。
ラスもギランも大好きなキャラになったし(´,,>ω<,,`)

まぁ詳細なキャラの感想については、よろしければキャラ別感想を見てください!



ということで、以上で『BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-』のフルコンプ感想を終わります!

本編もボリュームあったからか感想もかなりのボリュームになってしまった…ww多分過去最高(笑)
でもそれだけ書きどころのある魅力的な作品になっていると思うので、鬱ゲーが大丈夫なら是非是非プレイしてみてほしい作品ですね!

内容的にかなりオススメしづらいはずなのに、無意識のうちにオススメしてる…こわい…(´゚ω゚`)笑
でも本当に、シナリオが面白くて飽きずに進められるので良いですよ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

ではでは、本日はこの辺で失礼しますねー!
ここまでお付き合いくださりありがとうございました!(*゚▽゚*)♡



↓よろしければポチっとお願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒みつきな子

Author:黒みつきな子
遅まきながら最近(具体的には2年前くらい)乙女ゲームにハマった成人済み♀。大学に通いながらのろのろペースで積みゲー消化中。ただし積みの山は低くならないどころかむしろ肥え続けている模様。
ちなみにかなりのものぐさのためゲームだけでなくプレイ感想も溜め込んでます。(と本末転倒なことを言ってみる)

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在のプレイ中ゲーム
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~another record kairi_icon_45.png
お気に入り
◆悠久のティアブレイド

h00_15.jpg

◆大正×対称アリス

t_alice_header_15.jpg

◆Blackish House

icon_noa_45.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
広告