FC2ブログ

Myゲーム一覧



とりま積みすぎである。


▽「My(所持している)ゲーム一覧」ではなく「My(プレイした、もしくはする予定)ゲーム一覧」。
▽上記の通りのため、お借りしたものも区別せず一緒くたに表記しています。
▽名称順。シリーズ物は発売された順もしくは公式で設定されている順。
▽リンクが貼ってあるタイトルは、関連する記事を纏めたカテゴリーページへ飛べます。
▽随時更新。



【プレイ中】

◆Binary Star
◆Jewelic Nightmare

◆シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~


【クリア済み】

〈PS Vita〉

◆アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~
◆エスカ&ロジーのアトリエ Plus ~黄昏の空の錬金術士~
◆英雄伝説 空の軌跡FC Evolution(一周目クリア)
◆英雄伝説 空の軌跡SC Evolution(一周目クリア)
◆英雄伝説 零の軌跡 Evolution(一周目クリア)
◆英雄伝説 碧の軌跡 Evolution(一周目クリア)
◆ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION-

AMNESIA V Edition
あやかしごはん~おおもりっ!~
◆アルカナ・ファミリア Ancora
◆ヴァルプルガの詩
◆空蝉の廻
◆逢魔が刻~かくりよの縁~
◆OZMAFIA!!-vivace-
◆学園K -Wonderful School Days- V Edition
Collar×Malice
◆鏡界の白雪
◆KLAP!! ~Kind Love And Punish~
◆CLOCK ZERO~終焉の一秒~Extime
喧嘩番長 乙女
◆喧嘩番長乙女~完全無欠のマイハニー~
◆剣が君 for V
剣が君 百夜綴り
Code:Realize~創世の姫君~
Code:Realize~祝福の未来~
越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~
黒蝶のサイケデリカ
Side Kicks!
◆忍び、恋うつつ ― 雪月花恋絵巻 ―
白と黒のアリス
7'scarlet
◆SWEET CLOWN~午前3時のオカシ道化師~
◆数乱digit
大正×対称アリス all in one
◆蝶々事件ラブソディック
◆DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
◆NORN9 ノルン+ノネット VAR COMMONS
◆NORN9 ノルン+ノネット LAST ERA
◆BAD APPLE WARS
◆花咲くまにまに
ピリオドキューブ~鳥籠のアマデウス~
BLACK WOLVES SAGA-Weiβ und Schwarz-
明治東亰恋伽 Full Moon
悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~ another record
◆ワンドオブフォーチュンR
ワンドオブフォーチュンR2~時空に沈む黙示録~

〈PSP〉

◆英雄伝説 空の軌跡FC
◆英雄伝説 空の軌跡SC
◆英雄伝説 空の軌跡 The 3rd
◆英雄伝説 零の軌跡

◆S.Y.K~新説西遊記~
◆S.Y.K~蓮咲伝~
◆薄桜鬼
◆薄桜鬼 随想録
◆明治東亰恋伽

〈PC〉

大正×対称アリス HEADS & TAILS
Blackish House sideA→
Blackish House ←sideZ
◆私のリアルは充実している


【未クリア・未プレイ】

〈PS Vita〉

◆英雄伝説 空の軌跡 The 3rd Evolution
◆英雄伝説 閃の軌跡
◆英雄伝説 閃の軌跡Ⅱ
◆GOD EATER RESURRECTION
◆魔界戦記ディスガイア3 Return
◆ロマンシング サガ2
◆新・ロロナのアトリエ はじまりの物語~アーランドの錬金術士~
◆トトリのアトリエplus
◆メルルのアトリエplus

◆金色のコルダ(PSP)
◆金色のコルダ4
◆月影の鎖‐錯乱パラノイア‐
◆忍び、恋うつつ ― 甘蜜花絵巻 ―
◆十三支演義 偃月三国伝1.2
◆スクール・ウォーズ ~全巻パック 本編&卒業戦線~
絶対階級学園
◆Dance with Devils
◆DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD LIMITED V EDITION
◆新装版ハートの国のアリス
◆ハイリゲンシュタットの歌
◆薄桜鬼 真改 風の章
◆薄桜鬼 真改 華の章
◆薔薇に隠されしヴェリテ
◆遙かなる時空の中で6
◆百花百狼~戦国忍法帖~
◆プリンス・オブ・ストライド
◆もし、この世界に神様がいるとするならば。
◆レンドフルール

〈PSP〉

◆Are you Alice?
◆テイルズ オブ エターニア

◆アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師
乙女的恋革命 ラブレボ!!
◆金色のコルダ3 フルボイスSpecial
◆クロノスタシア
◆Confidential Money~300日で3000万ドル稼ぐ方法~
◆青春はじめました!
◆ときめきメモリアル Girl's Side Premium 3rd Story
◆緋色の欠片 ポータブル
◆蒼黒の楔~緋色の欠片3 ポータブル
◆蒼黒の楔 緋色の欠片3 明日への扉
◆ワンドオブフォーチュン2 FD~君に捧げるエピローグ~

〈PC〉

◆DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait] Append Disc
◆DYNAMIC CHORD feat.Liar-S Append Disc
◆DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher
◆断罪のマリア Complete Edition
◆蝶の毒 華の鎖
◆蝶の毒 華の鎖 幻想夜話


(2018/8/13 現在)


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

ふっか~つ!\(^o^)/~ブログ再開の巻~


どうも、初めましての方もそうでない方もこんにちは!当ブログの主 黒みつきな子 です(^^)お気軽に きなこ とでもお呼びください。

リアルの関係で暫くサボって…ではなくお休みを(勝手に)いただいておりましたが、久方ぶりにのこのこ顔を出しに来ました。
前回の更新が3月末…ってことは約半年ぶりってことになりますね( ゚ェ゚) 放置しすぎっすわ…w

ですがこの度、私事ではございますが、先月就活の末内定をいただくことができました~!ワーイワーイ🙌✨ ので、それで完全に打ち切るかはともかく、こうしてゲーム等の趣味もブログの更新もぼちぼち再開していこうと思いますよ~(^ω^≡^ω^)
いやまぁ別に就活中にヲタ活を中断していたかって言われると……ねぇ?別にそんなことなかったようなあったような…って感じですが、まぁこれで少なくとも路頭に迷うことはないってことで幾らか気も楽になったので、がっつりゲームするぞ~!💪←

と言いつつ既に内定貰ってから1作品フルコンしちゃってますけどねー。今無ッ性にゲームがしたくてたまらなくて、こうしてブログに顔出すのも遅くなってしまった訳ですよ。既に半月以上経っている。
ゲーム(乙女ゲ)は割と自制してた方だから、その反動ですね、きっと。

まぁ暫くブログの方は休止していたので、今日はこの更新停止していた半年の間に私が何をしていたのか、ということを幾つかピックアップしてお話したいと思いますよ~。
仕方ねぇな語りたいなら聞いてやんよ、という心の広いお方は是非ともお付き合いくださいな(´ω`人)


◆ツキノ芸能プロダクションは沼だった…

わたくし、この半年の間に…正確に言えば5月頭くらいに、ツキプロ(ウタ。含め)にどハマりしました( ゚∀゚)

始まりはそう………………なんだったっけか。←オイ
恐らく、たまに来る新しいアプリ発掘したい病を発症した私は、無性にやりたくなった音ゲーアプリを探してたんです。そこで出会ったのが『ツキノパラダイス。』。
音ゲーって最初は楽しいけど、どんどんやるのがめんどくさくなって最終的にはアンストしちゃうことが殆どだったので、今回もそんな期待せずに一時的にでも楽しめたら…というかる~い気持ちで始めました。…のですけど、、、

あ、あれ!?楽しい!?跳ねるノーツ新しい!楽しい!!
曲めっちゃ良いじゃないか!キャラも可愛いぃぃい!!


となりまして。
多分始めた頃が一周年記念のイベントの最中くらいだったはずなので、タイミングも良かったんだと思いますけど、それにしても色々と私の好みの音ゲーだったのでがっつりハマってしまいましたねー。

石も結構貯まりやすいし、なんといっても音ゲー部分が楽しいっていうのがね。
難易度が私の主観ではそこまで高くなくて、最高難易度でも頑張ればギリギリクリアできるかできないか…!?というところの塩梅がこれまでプレイしてきた音ゲーアプリの中で最高ですね。大抵の音ゲーって、最早クリアさせる気ないだろ!!ってレベルのやつが必ずあるし、難易度を上げようとしすぎて“音ゲー”言ってるのに全くリズムに合ってないだろ…って感じなので、クリアしようとする気概すら湧かないものばっかだったので本当に運命の出会いでした。(いや私のプレイヤースキルが低すぎるだけかもしんないけども)
その点ツキパラ。は最高難易度でもノーツがちゃんと曲のリズムに合っているので、“リズムゲーム”をしている感覚がしっかりあって最高です。

そして肝心の曲ですね。アイドルっぽい曲というのが個人的に好きじゃなくて…。曲はどうなんだろ…と不安を感じてはいたのですが。元々ボカロが好きだったので、界隈では有名なボカロPさん達が楽曲を作成してるとのことで、曲に関しても私にとって良い意味でアイドルっぽくなくて好みにぴったり合致!好きとは言ってもそこまで詳しくはない私でも知ってる方たちが多かったので、曲調に馴染みがあるというか…。

特に好きなのが滝沢章(じょん)さん!この方はボカロの方では私知らなかったんですけども(^^;
ALIVEの曲を聴いて、すごく私好みのメロディだな~って殆どの曲で思ったんですよね。それで、ウタ。の夜の曲とか、SolidSのこの曲好きだなぁ…と思ったのが全部滝沢章さん制作という(笑) この人の曲はつくづく私の好みにストライク決めてくれるな~と。
特にGrowthの曲が…私好みすぎて…(o;д;)o 声優さんの歌声は勿論なんですけど、グループのコンセプトというか曲の世界観というか、どれもこれも私の好みにストレートを決めてきやがるんですよ…!😭

そして何より、キャラクターが良い( ˘ω˘ )
私の推しは葵くんなんですけど、最早箱推しと言っても差し支えないくらい皆好き。
ツキパラ。のストーリーでキャラクターに触れて、キャラクターの魅力に惹かれて、どんどん他のコンテンツにも目を向けるようになって……とずぶずぶと現在進行形で沼にはまっているところです。このコンテンツ自体もう数年続いてるものなので今更感はあるんですけど(笑)
TwitterのSS等、供給が多いっていうのもそれを促進してますね。

TwitterのSSをまとめた本なんかも買っちゃいましたし…グッズも色々…。アニメもツキアニとプロアニどっちも一気に観ちゃいましたし、ついにはあのぬるぬる動くライブ映像が好きすぎてツキアニのDVD最終巻をポチるという…w
ゲームをあまり買わないようにしていたのに、こんなところで散財してしまった\(^o^)/

私の場合、ある曲にハマったら大学の登下校とかの移動時間にその時ハマっている曲リストを作成してヘビロテするんですけど、大抵は長く続いても1ヶ月程度なんですよねー。でも、ツキプロの曲はハマってから3ヶ月経った今でもずっと聴いているので、本当に好きなんだなーと自分でも思いますw
そしてツキパラ。なんて楽しすぎて始めて3ヶ月で100レベ超え…ww 1年以上続けてるアプリでも余程ハマらない限りは即行でログイン勢と化してプレイヤーレベルは30程度をうろちょろしてるのが殆どだというのに、ツキパラ。さんは1ヶ月の段階で70レベ超えということで、如何に私が楽しませて貰っているかがお分かりかと思います( ^∀^)

私にも、「2次元アイドル?笑 あ~否定するつもりはないけど、私は多分好きじゃないなぁ」などと言っていた時期がありました…( ˘ω˘ )
それも今は遠い昔。過去の自分を殴り飛ばしてボッコボコのけちょんけちょんにしたいくらい、今ではツキプロ沼に浸りきっています。過去のグッズやイベントの履歴を目にしては、もっと前から興味を示して触れていれば人生はもっともっと楽しかったのに…!!と過去の自分に対する怒りを燃やし積み上げながら、私は今日も画面を叩く――。←ツキパラ。お楽しみ中


◆強制積み減らし令発令

お金がないよ~~!!。・゚・(゚`ω´゚)・゚・。

ということで、強制積み減らし令を発令しました!(`・ω・´)ゞ
軍資金の確保という名目で、クリア済みのみならず、積み上げまくった手付かずの作品達を泣く泣く放出することにしました~。

うわ勿体ねぇ、って思ったそこのアナタ。
大丈夫、私も思っています。←

私としてもほんと~にほんと~~~に迷ったんですけど、考え方を変えました。どうせ手元に積みゲーいっぱいあっても、プレイできるのは1つずつ…多くても2つずつ程度なんだから、いっそのこと一回手放して店や市場に積もう、と。
自分でも思い切ったことをしたとは思いますが、売却手段にフリマアプリを選んだことで結構元が取れるし、今では良かったと思っています。むしろ、プレイ済みのものを手放す方が惜しいレベル。

一応、売ることにしたものは後々比較的手に入れやすいだろうと考えたもののみにしてるし、プレイ済みのものもお気に入りの作品以外はそうした基準の元選考してるので、プレイしたくなるまで市場に積んでおこうと思います(^ω^)笑

おかげで積みゲがちょっと減りました(*゚∀゚*)ヘヘ←


◆アトリエシリーズが面白い!

言いたいことはこの一言に集約されているんですけども。

私は今日までに、アトリエシリーズの中でも黄昏シリーズと呼ばれる3作品の中の2作品をプレイしてきました。
今年の3月辺りに1作目のアーシャ、ついこの間に2作目のエスロジをクリアしたんですけど………これがまぁ面白い!!人気があるのも頷けます。

私にとってRPGと言ったら軌跡シリーズ!ってくらいとっても大切な作品なんですけど、アトリエシリーズもそれに次ぐ…いや同じくらい好きなシリーズになりそうです。

キャラクターが皆可愛いし、調合システムもかなりクセになりますね。RPGのレベル上げとか正直くそめんどいとか思っちゃうタイプなんですけど、かなり細々した作業のはずの調合がめっっちゃ楽しい。
戦闘システムも結構楽しいので、レベリングも捗っちゃう。

アーシャとエスロジだったら、個人的にはアーシャの方が好きだったかなーって思うんですけど、エスロジは男女でW主人公ってところが最高でした。
プレイする主人公を変えて2周目以降にしかトゥルーエンドが見られないってことで「うわ面倒だな…」って思ったんですけど(笑) 主人公2人の今後が気になりすぎて、一気に2周してしまい気付いたらトロコンまでしていたのは自分でも驚きましたねーw 恋愛色強めなので乙女ゲーマーさんにも堂々とオススメできますね!まぁ固定カップルだけども。

そして次は黄昏シリーズ完結編のシャリーだ!💪と意気込んだは良いものの、ちょうど乙女ゲームが無性にやりたくなったので一旦寝かせることにしました。最後って考えると終わらせちゃうのすごく勿体ない感じがする…(´・ω・`)

それにしても、アトリエの中でも特に気になっていた黄昏シリーズからやっちゃったのは失敗だったかなーと思わなくもない。絵も世界観も私の好みドンピシャだったし、実際プレイしてお気に入りになったし。
アーランドはなー、絵も可愛いしやりたい気持ちはあるんだけど、百合臭が強いからなー。という勝手な想像(笑) 私正直百合っぽいのはムリ🆖なので、そこんとこどうなんだろうか…。

でも、その後の不思議シリーズはいずれ絶対やるぞ!と思ってるので、これからも続いて欲しいシリーズですねぇ(*´ω`*) そして私は立派な錬金術士になる!!


◆積みゲー速報

この半年の間、1つも増えていません!!

と堂々と言えたらどれほど良かったことか…。
まぁそれほど増えてはいませんけど、積みタワーの嵩が増したことは確かなので。いやでも、クリアしたものもあるし、売っ払っちゃったものもあるので、全体数で言えば減ってるんですけどねー。

つい最近、久しぶりにお会いするお友達(フォロワー様)と遊びに行った先で、安売りされていたPSPソフトを2本ほど購入致しました。

*Jewelic Nightmare
*アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師


の2本を新規で購入。この子達は安かったので衝動買いですw

それから、そのお友達に新しくゲームをお借りしちゃいました(*´艸`*)

*BinaryStar
*数乱digit


の2本立てです。

数乱は前からずーっとプレイしたいと思っていたんですよね~。バイナリースターの方は、すごくオススメされた上で、自分でも調べてみて面白そうだということでお貸しいただきました。
なので、私もイチオシのティアブレをプレイしてもらうことにしました✌️笑 ←猛プッシュしたw

というわけで、全部で4本!積みタワーの仲間入り。
PSPゲーの上、安かったからという購入理由で積んだ作品はつい後回しにしちゃうことが多いので、なるべく早く消化せねば…。と思いつつまだ全然実現出来ていないという現実。


それからそれから、この半年の間の積みゲー消化記録は、

*喧嘩番長乙女~完全無欠のマイハニー~
*エスカ&ロジーのアトリエPlus ~黄昏の空の錬金術士~
*逢魔が刻~かくりよの縁~


の3作品ですね、トロコンまでしたのは。

ツキウタ。にハマった影響で、私の中で推しの葵くん役のKENNさんブームが巻き起こりまして。そこでKENNさんがご出演されている乙女ゲームがやりたくなったので、長らく熟成させていた番乙FDの封印をようやく解いたのです。

成熟するまで待っていただけあって、超熟しきってました。もうめっちゃくちゃ楽しかったーーー!!!(≧ω≦。)
キラリン先輩のルートはプレイ中モヤッとボールが頭の中を飛び交っていましたが、目当ての斗々×ひなが可愛いのなんの!!本編の段階では推しは未良子先輩だったんですけど、FDをプレイして斗々丸推しになりました😇🙏斗々ひなは最高だった…。

よーし次は一風変わってレンドだ~、とやり始めたは良いんですが、何故か大本命のオルフェ(cv.KENNさん)ルートの途中で中断するという…w
もう数ヶ月前なのではっきりとは覚えてないんですけど、トロフィーリストを見る限り、このタイミングでエスロジを始めちゃったものだからそっちに全部集中しちゃったみたいです(^^;

それからは積みリストを眺めながら、夏だしもし神やろうかな~とか、そろそろ絶対階級再開するか?とかふらふらしながら、最終的にはextendさんの逢魔が刻に落ち着きました。

あまり期待せずに始めたんですけど、これがなかなか面白かったですね。全体的に丁寧に作られてる印象。とあるルートのヒロインの言動諸々に、番乙FDでのキラリン先輩ルート以上にモヤッとボールが絶えず飛び交う事態になったので、一体どうなることやらと思いましたが普通に楽しかった!絵も綺麗だしシステムもめっちゃ快適だしストーリーも面白かった。

また、これは事前にオススメ攻略順を調べていて良かったと心底思った作品でもありましたねー。常磐は最後がオススメ!って言ってる方が多かったので、その通りにしたんですけど…。これは常磐の後は誰も出来ねーわ!!って個人的に思いました。それくらい常磐√は私にとってツボでしたね。こーいうキャラ好きなのよ~。勿論常磐を推してます(`・ω・´)

惜しむらくは、ヒロインのデフォ名呼びがないことです。君、とかお前、とかに置き換えるならともかく、完全にヒロインの名前部分だけ抜けてる状態なので、違和感が半端なかったです。ヒロインと攻略対象を呼ぶときも、「2人とも」とかに置き換えるならまだしも「………(ヒロインの名前)、〇〇〇(攻略対象の名前)」ってなるから一人だけ呼ばれてるみたいでしょうがなかった(笑) しかもデフォ呼びない割に名前呼ばれること多いし!w
せめてデフォ呼びがあれば、私の中でもっと上位の作品になったと思いますね。ほんと惜しいわ…。

そして、現在プレイしてるのは、新しく仲間入りしたジュエリックナイトメアと数乱digit。所謂並行プレイしてます。でも多分数乱を優先しちゃいますってかしてます。←

PSPの画質の粗さに改めて驚愕。ジュエナイの絵がすごく好みなんですけど、やっぱりVitaと比べちゃうと天と地ほどの差があるのでほんと勿体ない!もっとクリアに眺めたい!!
なのでついついVitaを優先しちゃうのはまぁ…しょうがないしょうがない( ゚∀゚)ww

ジュエナイさんは調べてみたらあまり評価良くないみたいですけど、やたらポエミーな地の文には笑ったものの1周目クリアした段階では結構楽しめたかなーって感じ。でも初回にボイス的にもキャラ的にも大本命を選んじゃったから、正直プレイ意欲は萎んじゃってますw

メインヒーローの征一郎/アダマスはなんとKENNさんボイスだったので、真っ先に特攻しちゃいましたね。どのルートも同じようなストーリー展開らしいので、1周目が一番楽しめると思ったのでその辺りは後悔してないんですけど…。やっぱり結構ボリュームあるからなぁ。
それにしても征一郎さんの爽やかボイスは耳に心地好くて幸せだった…( ˘ω˘ )

そしてそして、ずーっとやりたかった数乱!これがもうとてつもなく楽しいです。サクッとプレイできる感じが今すっごい嬉しい。

公式の推奨攻略順に従ってプレイしているので、気になっていた巡と景太郎の順番が早々に回ってきちゃうことは残念だったけど。美味しいものは最後まで残したいタイプ。
でも、この2人が人気あるの分かるわーってプレイしてつくづく思いましたね。勿論私も好き(^q^)

この2人に限らず、皆可愛いしどの√プレイしていてもニヤニヤがおさまらないです。ヒロインの紘可ちゃんも乙女ゲヒロインには珍しい感じでとっても私好みだし、短いながらもきゅんとするところはちゃんとあって、でもストーリーもしっかりあって、と乙女ゲやりたーい!って脳がなっていることも相まってすごい楽しめてます。
あと2人なので、早く真相まで辿り着いてすっきりして終わらせたいと思います(*´ω`*)



と、またしても長々と書いてしまいましたが、ここまでお付き合い下さった方!ありがとうございます😭✨

それにしても気が付いたら新作が続々と発売されていて、いつの間にかカラマリFDもシャレマニも発売されている…。ほんと時間が経つの早いよ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
どっちも欲しかったんだけどな~、経済的余裕がないので今は諦めます(´;ω;`)

その代わり、超ひっさびさに新作予約しました~!
今色々と賑わってるシャレマニも、雰囲気が好きで気になってる殺し屋とストロベリーも、前々からずっとプレイしたかった嘘月シャングリラも捨て難かったんですけど、色々考えて最終的に『ピオフィオーレの晩鐘』をポチりました。ちなみに通常版。(限定版欲しかったけど我慢我慢…!)

恐らくティアブレFD以来の新作だから、約10ヶ月ぶり…!? うわ~よく自分我慢できてたな!
決定打は公式ブログでの「ボリュームあります!」の文字。ボリューム厨の気がある私はまんまと踊らされました。でも喜んで自ら道化になっても良いくらいの作品だと期待しているよ…!💪

でもシャレマニもボリュームある上に面白いみたいだからなぁ…めっちゃ面白そう…欲しい…

ほんと久しぶりに新作に特攻するので、今からwktkです。発売日まで積みゲーを消化しつつ、期待を膨らませながら待っていようと思います( ˘ω˘ )

では、最後まで長々と語ってしまいましたが今回はこの辺りで!
最後までご覧くださりありがとうございました~😊💕


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

1~3月のゲーム状況(積みゲー他)


どうも、黒みつきな子でございます( ゚∀゚)ノ

今日も今日とて元気に雑記を書きますよ。
「そろそろ感想書く書く詐欺をやめたい…」なんてどの口が言ったのか。そしてまたしても前回の記事から随分経っているという。

感想はこのゲームはこんなこと書こう!とかブログ更新しなきゃなーしたいなーとか色々と考えたりはしてるんですけど、なにぶん気分屋+リアルの事情で多分暫くはこ~んな感じでのんびりゆるゆるに出没したりしなかったりすると思うので、気が向いた時にでもお付き合いいただけたらと思います(^^)

そんなこんなで、ここ暫くサボりにサボり続けていた月末恒例(のはず)のゲーム状況まとめを今年に入ってからの3ヶ月分、一気にやりたいと思います。めちゃくちゃ久しぶりに積みゲーも物理的に積んでみました。


ということで早速現在の積みゲー状況から!

20180331212020daf.jpg
20180331212020c5c.jpg


上がVitaさん+一部のPCゲーで、下がPSP+PCゲーの積み達です。リストはこちら→Myゲーム一覧

減った…ような増えたような…( ´・_ゝ・)どっちにしろ多いことに変わりないんですけどね。しかもまだダウンロード版のやつとか幾つかあるし、一般ゲーの積みは含めてないしで、まだまだ消化せねばならない積みゲー達がたっくさんありますねー。

Vitaさんの積みゲーに関しては、この3ヶ月でガッと消化できたと思うしそれこそ初期の頃と比べると随分減った気がしますねぇ。あの頃は……まあ…若かった…(遠い目)

今はPSPゲームを消化しようと頑張っています。S.Y.Kのお陰で、PSPのゲームにもこんなに楽しい作品が眠っているんだと今更ながらに気付かされたので、他にも面白い作品ないかなぁと……という感じで性懲りもなく積みゲーを増やす算段をたててしまうという。←

そうそう、PSPにWi-Fiを繋げられなくてバグたっぷりの青はじをどうしたもんかと思っていたんですけれども、先日解決しまして無事パッチを適応させられたので、S.Y.Kの次はクロノスタシアじゃなくて青はじやろうかなぁ。オイシイものを残すタイプなので、あらすじや雰囲気を見るに私好みっぽいクロノスタシアは後回し。

それから、PCゲーは断罪のマリア以外は有り難いことにお借りしたものなので、さっさとやらねば…とは思うんですけどねー…。なんと自室に持ち込めるノートPCが故障中なのでやるとしたらリビングに置かれているデスクトップ…( ゚∀゚)オゥ…
いやまあ別に家族に隠してないし平気でVitaやPSPのゲームも目の前でポチポチやっちゃう私ですけども、流石に18禁はね…ww

最近は一点集中!のプレイスタイルを変えて、並行プレイをしてみるようにはなったものの、やっぱりこれだけ積みがあるとまずどれから手をつけて良いものか分からなくなるもんですね~(自業自得)
まぁ今までプレイ予定をたててみたりもしましたが、その通りにいった試しがないので、冒頭でも言った通り気分屋の私らしくその時の気分でぼちぼちやっていこうと思います。

うーん…なんか頭が働いてなくていつも以上に何言ってるのか、そもそも自分が何を言いたいのかが分からないぞ…(´・ω・`)←


さーてお次はこの3ヶ月で増えた…じゃなくて増やしたゲームについてです。

◆忍び、恋うつつ― 雪月花恋絵巻 ―
◆忍び、恋うつつ ― 甘蜜花絵巻 ―
◆蝶々事件ラブソディック
◆ヴァルプルガの詩
◆断罪のマリア Complete Edition


以上の5本が、この3ヶ月中に我が家においでなすった乙女ゲーム様達です。
感覚的に私にしては(我慢を)頑張った!…って思ったんですけどよく考えれば別にそんなことなかった。すでにこの中の2本は消化済みだからそう思ったのかも。

ど~~~しても欲しくてポチった断マリ以外は安くなっていたからという単純な理由で軽率に迎え入れた子達でしたが、蝶々事件とヴァルプルさんは既にコンプ済みだし、忍恋も現在プレイ中ということで存分に…しかも早めに愛でてあげられそうで良かったです( ˘ω˘ )

それからですね、先程敢えて我が家に迎え入れた“乙女ゲーム”達、という書き方をしたんですけれども……。まぁつまりは、一般ゲーも買っちゃったよ☆ということなのですが(⌒‐⌒)

前回の記事でPSストアのセールが~~って言っていたんですけど、案の定我慢できなくて買っちゃったよね。遙か3Uとアトリエの黄昏シリーズとで迷っていましたが、この度兼ねてから欲しくてしょうがなかった『アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~』と『エスカ&ロジーのアトリエPlus~黄昏の空の錬金術士~』を購入するに至りました。

で、早速シリーズ1作目のアーシャをやってみたんですけど……これがもう超楽しくて。夢中でプレイして既に1周目を終えました。攻略サイト様のチャート通りに進めていたはずなのに、気がついたら半年近く遅れていたり、攻略途中にエラーで強制終了してセーブしてなかった部分やり直しになったりとか色々とトラブルはありましたが、タイムリミットに追われながらもフラグ&イベント回収に奔走して何とか期限終了ギリギリに全エンド発生条件を満たすことができたので大満足の内に終われました。しかも起用されているイラストレーターさんが私が1番好きな左さんということで、視覚的にもすんごい幸せでした…(*´`*)

それで、ですね…。あまりにもアーシャが楽しかったんで、次作のエスロジをプレイする前に、シリーズ最終作の『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術士~』もついポチっとな、と…。これぞまさに衝動買い( ^ω^ ) シリーズ全作揃っちゃいました(笑) もうこの際Vitaで出てる他のアトリエシリーズも全部揃えることにしよう、うん。

RPGは時間がかかるので、乙女ゲームの合間にぼちぼちプレイできたらな~。


そしてそして、今年に入ってからクリアした作品達は……

◆NORN9 ノルン+ノネット LAST ERA
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~ another record
◆KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜
◆BAD APPLE WARS
◆鏡界の白雪
◆蝶々事件ラブソディック
◆ヴァルプルガの詩
◆S.Y.K~新説西遊記~


以上の8作品です!ヽ( ゚∀゚)ノ
うわーい、私にしては驚異の消化率。しかもこれに加えてアーシャのアトリエもクリアしたから全部で9作品。

惜しくもS.Y.KのFDは間に合わなかったんですけど、これももうすぐ終わるので、それを考えると私めちゃくちゃゲームしてたなぁって達成感と充足感と罪悪感がありますね。罪悪感はやらねばならないことから目を背け続けてることに対してなんですが、得てしてそういう時こそ趣味が捗りますねぇ( ゚∀゚)←オイ

プレイした上での雑感については、これまでの記事で何度か述べているので、述べたことがないと記憶している蝶々事件以外は省略したいと思います。

それで蝶々事件はですね、総合的には結構楽しめました。発売されてからそう時間も経ってないのに随分と値下げされているし、感想等を見て回っても割と評価低めだと感じたのでそもそもの期待値が低かったのもあるかもしれませんが。
確かにスチルに関してはうぅぅうん…と唸るレベルではありましたがw、シナリオも面白かったしキャラも愛着が持てましたし、超好き!とはならないけどそれなりに心に残った作品でした。何より、この作品で私はキャラの会話のみで進む会話タイプの作品よりも地の文がしっかりある小説タイプの作品が好きなんだなぁって実感したんですよね。ヒロインの思考や感情がしっかりと表現されていて、すごく楽しかった。

それから、いつもは大抵人気キャラを好きになることが多いんですけど、今回は珍しく人気投票で下位だったキャラを好きになりましたね~。シドさんと理智が好きです。これまたキャラ的にも珍しいところに落ちたんですけど。シドはあれです、立ち絵がめっっちゃイケメン。思わずスクショ撮っちゃうくらい好きでした(笑) だからこそスチルが残念だったんですよね~。あと、理智は元々ああいう性質のキャラが好きなんですよね。シナリオも結構好みで面白かったなぁ。ルート前半部分を既読判定してくれなかったことは許さないけど。

って感じで、この3ヶ月でプレイした作品はどれも楽しかったです(^^) これらをプレイして、自分の好みって結構変わったな~って思ったり、乙女ゲームに対する見方…って言うのかな?が変わったなって実感したりしたので、そろそろ自分語りでもするかな…って思う今日この頃です。


今後は、とりあえず今プレイしているS.Y.K蓮咲伝と忍恋 雪月花をクリアして、それから中断していた絶対階級学園とかもやらなきゃなぁ。暫く購入予定の新作とかもないので、ぼちぼち積みゲー消化に勤しみますぞ。

では、なんだか随分と話が飛び飛びでいつも以上にぐだぐたになっちゃいましたけど、ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございますお疲れ様です…笑

長くなっちゃいましたが、そろそろ失礼させていただきたく。次に顔を出せるのはいつになるかは分かりませんが、どうかそれまでお元気で。ではでは、ここまでお付き合いくださりありがとうございました~(* ̄∇ ̄*)


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

また積みを重ねてしまった…という話や諸諸の雑談。



どうも、感想書く書く詐欺師の黒みつきな子でございます。

例によって今回も雑記というか…取り留めのない雑談をいくつか気ままに述べていこうかな~と思います。
そろそろ詐欺業から足を洗いたいとは思うんですけどね。感想を溜めるようになってからもうすぐで1年が経とうとしておりますので…(溜めすぎ)

まぁとにかくそこから目を逸らしつつ、本日はとりあえず私の中身があるようでない雑談にお付き合いくだされば幸いです( ˘ω˘ )


●また積みを重ねてしまった話。

過去記事を読んでくださっている方はお分かりかと思いますが、私にはこれでもかというほどの積みゲーがあるにも拘わらず、また積みを増やしてしまいましたよ。

乙女ゲにハマってから怒濤の勢いで過去作を買い漁っていたんですけど、半年くらい前からは購入ペースがガクンと落ちて、平均して月に0~1本くらいのペースになりまして、私にしては積みゲー消化を頑張っていたと思います。(特に欲しいと思う作品は粗方買い尽くしたとも言う)

ですが、やっぱり興味があった作品がお安く売られているのを見ると手を出してしまいますよねー。
というわけで、今回お迎えした子はこちらです。

201803141556465d1.jpg

じゃじゃ~ん、『ヴァルプルガの詩』~!
だいたい1週間ほど前に購入した作品なんですけどね。既にTwitterにてお披露目してましたが、今更ながらブログでもご紹介。

と言っても既にフルコンプ済みです(笑) 蝶々事件をちょうど終わらせられたので、本当ならしばらくは積み山で熟成させる予定だったんですけど、ボリューム的にさくっと終らせられるとのことで我慢できずにやっちゃいました。

これが思っていたよりも面白くてですね、PSP作品と並行してプレイしようと思っていましたが一気に最後まで駆け抜けてしまいました。絵柄も結構好みだったし、作品の雰囲気や謎の青年もとい志賀くんの猛攻に引きずり込まれまして、3日でフルコンプというディアラバ無印Vitaと並ぶ最短攻略記録を叩き出しましたよ~。

ボイスめっちゃ飛ばしたけど。色々ともったいない気がして基本的にモブの声までちゃんと聴いてプレイするタイプだったんですけど、最近は攻略対象キャラと一部のサブキャラしかボイスを聴かないようになりましたが、ヴァルプルさんに関しては攻略対象の声もすっ飛ばしてた。大好きなかっきーボイスのメインヒーロー志賀くんと、双子の弟リュウの声くらいですかね、ちゃんと聴いていたのは。お陰で私にしてはめちゃくちゃ早い速度でクリアできましたよ。

ヴァルプルさん名物動くスチルもより臨場感が出ていて良かった。ついでにエロかった。基本コンシューマーではエロいらん派の私ですが、これは作品の雰囲気にも合っていて色々と美味しかったです。スチルに安定感があったのも良い具合に作用したかも。どのスチルも綺麗だし可愛いしで良かったです(^o^) だからこそシナリオに関しては色々と惜しいなーと思う部分があったので、そこはちょっと残念。

……と、いうか。こうして文字を打っていて思ったんですけど、既にフルコンプしているなら“積み”は増えてはいないんじゃ…?
……………。

『ヴァルプルガの詩』、いろいろとおしいところはありましたが、たのしかったです。


●コルダ3移植

前の記事で「ネオロマやりてぇ」って言ったそばからまさかの移植発表。前回記事にてコメントを下さった方々からの有り難いお言葉を元に、遙かシリーズは6から、コルダシリーズは3から、積みが落ち着いてきたら下天にも手を出してみよう、という方針に落ち着いて、早速Vitaで購入・ダウンロードしていたコルダ3フルボイスSpecialをプレイしていた矢先の出来事でした…。

うん、移植はすんごい有り難いです。でもタイミングェ…。いや、むしろこのタイミングで良かったのかもしれない。コルダ3を序盤だけプレイして作品の雰囲気も感じられたし、面白そうだと分かったぶん移植されたら迷わず購入できそう。しかも移植されるのは今年中らしいから、本格的にプレイする前でホント良かったわー。流石に1年以内にプレイした作品の移植作をまたプレイしようとは思わないし。

しかもAnotherSkyシリーズもまとめて移植らしいので、これは本当に嬉しい。発売される頃にゲームなんてしてる余裕があるのかは分かりませんが、とりあえず今からワックワックしています。ということで、コルダシリーズに手を出すのは3の移植作からにしようと思うので、一旦お預け、ということになりました~。


●現在プレイ中のゲーム

ただ今、PSPにて『S.Y.K~新説西遊記~』とVitaにて『忍び、恋うつつ 雪月花恋絵巻』をプレイしております(`・ω・´)
どちらも仲良くさせていただいているブロ友兼フォロワー様にオススメしていただいたものですが、今のところすごく楽しめています。

当初の予定としては、忍恋は攻略対象が多いのでS.Y.Kで1人攻略したら忍恋2人攻略するって感じで進めていこうと思っていたんですが、S.Y.Kが想像していたよりも面白くやめ時が見つからないので連続プレイ中。現在3人攻略済みの4人目途中です。あと2人なので終わりが見えてきたー。

割と前のゲームなので古さを感じることもありますが、それを補って余りあるほどのキャラの良さ、シナリオの面白さ。システム面というか、ロードはくそ長いし、読み込み音もその速度もこれはどうなんだってレベルで酷いし、本体が壊れたのか?って不安になるほどやたらとPSPのホーム画面的なものに戻そうとしてきたりしますが、それが気にならない(とは口が裂けても言えないが)ほど面白いので夢中でプレイしています。ボリュームも文句なしで、むしろ最近の作品にも見習って欲しいくらいのおまけの多さです。勿論本編の方もボリュームたっぷり。充実感が半端ない。

それから、この作品の特に好きなところと言えば、迷わずキャラクターを挙げますね。どのキャラの√をプレイしても一定以上に楽しめる。特に好みのタイプじゃないキャラでもそうだったので、これは久しぶりに箱推し作品になりそうな予感。FDである蓮咲伝も併せて購入してあるので、早く本編をクリアしてそっちの方も楽しみたいです。こういう魅力的な作品があるからPSP作品が欲しくなるんだ…っ!

そして忍恋に関しては、現在咲助と霧隠くんの2人クリア済みです。メロメロの術というワードから敬遠してましたけど、めっちゃ後悔してます…。もうキャラ達が可愛すぎてプレイ中ニヤニヤが止まらないし(ヤバイ人)、かと思いきやシナリオは割としっかりあって面白いしで、これはかなり楽しめそうです(^◇^)

密林のレビューとかで言われているマイナス要素は、今のところ特に気にならないので、最後まで楽しんでプレイできそうで良かった~。確かに金太郎飴でしたけど、そこに至るまでの過程が全く同じという訳じゃないので、これは全然受け入れられるやつですね。勿論色んなパターンのシナリオがあった方が面白いだろうし嬉しいけど、何だかんだでそのキャラクターに合った展開や結末をそれぞれ用意するよりも、決まっている道筋・結末を各キャラクターにどう辿らせるか、の方が難しい気がするので、その部分を見るのはなかなかに楽しいです。


●花梨エンターテイメントさんの作品に興味がでてきたよ

前回記事にて、そういえばネオロマ作品プレイしたことないということに気がついたわけですが、よく考えれば他にもプレイしたことないブランドありました。というのも、クインロゼと花梨さん。他にもあるかもしれないけど私が認識している分はこのくらいかな。

クインロゼはなー、もう倒産しちゃってるので1番興味のあるアリスシリーズの価格の高騰が…。他にもVitaに移植されてるやつで興味があるのはいっぱいあるんですけど、流石に自分に合うかも分からない作風のものを高いお金を出して買うっていうのもかなりの博打なので未だに手を出せていません。Vitaにて出ている新装版ハトアリは中古で(このシリーズにしては)超格安で売られていたので確保しておきましたが。これに関してはすんごいラッキーだった。

まぁそれは置いておいて、花梨エンターテイメントさんです。何故だか無性にPSP作品がやりたくなったので、面白い作品ないかな~ってことで懲りずに色々と調べてみたりしたんですが(いい加減積みに目を向けろ)、そこで見つけたのが『断罪のマリア~ラ・カンパネラ~』。作品自体は前から知ってはいたんですが、絵柄もなかなか特徴的で、評価も芳しくなく、今までスルーしていたんですが…。此度改めてじっくりと公式サイトや密林レビュー、感想ブログ様を拝見した結果………なんだかめちゃくちゃ私好みそうじゃない!?ということに気がつきまして。

もう「これだ!」ってレベルで私のツボにどストライク決めてくれそうな作品だったので、更に色々と調べてみたら、これPC→PSP→PCって流れで移植されているんですね~。やっぱりプレイするなら(もう買う気満々)最後に発売された追加要素たっぷりの完全版であるPCソフトだろ、って思って調べてみたんですが、これはなかなかお高いぞ…。しかも大抵のサイトを見ても全然売ってないし、フリマアプリも全滅、近場の中古ゲーム屋さんを渡り歩いてみたりもしましたが全く見つからず…。これはもう当初の予定通りPSP版を買うしかないか、とも思ったりもしたんですが、やっぱり諦められず。だってPSP→PCの段階でかなりの追加要素があるんですもん。これは簡単には諦められないですぞ…。

というわけで、『断罪のマリア Complete Edition』ポチったよ\(^o^)/

かなりお高めでしたが、この際もうしょうがないってことで大手中古通販サイトで購入することにしました~。むしろそこくらいしか売ってないっていう。ちなみにまだ届いてないのでお披露目は先になります。
もう楽しみすぎてわっくわっくしてるので、届き次第早速プレイしたい!とは思いますが…使えるノートパソコンが故障中なのでプレイするなら恥を忍んでリビングに置いてあるデスクトップでプレイするしかないっていうのが微妙なところですが、まぁここは盛大に開き直ることにします。

そんなわけで、初花梨さんゲームは断罪のマリアに決定しましたよ~。そこで改めて、こんな私の好みどんぴしゃそうな作品を作っている花梨さんの他作品はどんなのだ!?と興味を持ったので色々と見てみたんですが、少なくともVitaで出ている作品はプレイしたいなーって思いました。ミステリアとか童話モチーフの絶対迷宮とかめっちゃ面白そうじゃないですか…。まだまだ積みがあるので暫くはお預けですが、花梨さんの作品にもぼちぼち手を出して行けたらな~と思います。


●PS Storeセール

かなりの頻度でやってるイメージなので定期的に見るもんですね。欲しかった作品達がかなり大幅に値引きされていました。

私にとってはタイムリーな『遙かなる時空の中で3 Ultimate』がなんと4割引きになっとるやんけ…。うおおおお、めっちゃ欲しい。ポチりたくて手が震える。でも遙かは6からやるって決めたばかりだしなぁ…。いやしかし、パケ版だとここまで安くなるのにどれだけかかることか。確保しておくのも悪くないか…?
とか悩んでます。

あとは、乙女ゲームではないですが同じコーエーテクモのアトリエシリーズ。その中の1番欲しかった黄昏シリーズもこれまで見た中で1番の値引率ですんごい安くなってるんですよねー…。でも黄昏シリーズはイラストレーターが1番好きな左さんでパッケージが可愛いのでパケ版を買おうと思ってたんだが…。しかしこれは安い…。アーシャとエスロジ欲しいよおぉぉ。うぅぅううん…(-""-;)

断罪のマリアをポチったばかりだったので、暫くは積みを増やすのは控えようと思ったばかりだったのですが、また増えることになりそうです( ^ω^ )←
おそらくは少なくともどちらかは購入することになるだろう…。


というわけで、積みに積みを重ねることになりそうという結果を叩き出して本日の雑談は終えたいと思います。こんなところまでお付き合い下さった方に最大の感謝を。

では、さらだばー。


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

そろそろネオロマ作品に挑戦してみたい。


どうも、只今只管迷走中の 黒みつきな子 ですヽ( ゚∀゚)ノ

本日も結局プレイ感想ではなく雑記でございます。
というのもですね、まーたいつもの携帯小説(ラノベ)読みたい欲が噴出する期間に突入しまして、ここしばらくゲームが全く進んでいないからです!( ˘ω˘ )

冒頭の迷走っていうのも、その言葉の通りにダンデビから蝶々事件へ移り、そしてまたまたクリア目前にして違う積みゲに手を伸ばしてみたり…と、もうあちこちに気が逸れまくって最終的に記事タイトルの通りになりました。

というわけで、そろそろネオロマ作品をプレイしてみたい~o(`^´)oというだけのお話でございます。

乙女ゲームにハマってから大体2年ほどと、然程長くない年月の中でも、色々な作品に手を伸ばし、プレイしてきました。主に積んでいるが。

しかし気が付いたのです。オトメイトは言わずもがな、Rejet、ハニビ、TAKUYO、etc…と様々なメーカーさんの乙女ゲームをプレイしてきたわけですが、乙女ゲーマー様方にも根強い人気を誇る、コーエーさんが贈るあのネオロマンスゲームには未だ手を出せていないことを…!

その人気を見る限り、個人の嗜好は別として絶対に面白い!というか良ゲーだっていうのは想像できるんですけど、いまいち手が伸びない…。というよりは、プレイしたいプレイしたいと思いつつ、がっつり腰を据えてやらなきゃいけない感じがして気後れしちゃっている、というのが正しいですかね。

攻略キャラクターの多さもですが、まず作業ゲーだし、攻略大変そう…というか。シナリオの方のボリュームは大体どれくらいなのかというのは全く分からないんですけど、キャラ数やシステム的に気軽に出来るものじゃなさそうだな…というのが1つ。

それから、ネオロマって「古き良き」って私の勝手なイメージがあるんですけど、それがそもそも私自身の好みに合致するのか?というのも1つの理由かなー。とあるメジャーな作品のあらすじとかを読んでも何が何だか分からなかったり、あとは正直絵柄が好みではないって問題もありますね。

そして、シリーズのナンバリングタイトルが多すぎてどれからやっていいのか分からない!っていうのも1つ。しかも移植されたりなんかして対応機種が幾つかあったりでややこしい(^^;
だというのにシリーズの本編ならどれからやっても構わないよ~的なのもあって最早どうすればいいのか…(笑)

あとは単純にタイミングがなかった。プレイしようと思いつつ、ついついサクッと気軽にプレイできそうなオトメイトとかに行ってしまうし。

以上の理由から、なんやかんやで今日までネオロマゲーに縁のない乙女ゲー生活を送ってきたわけですが…。

縁のないとは言っても、購入してるっちゃしているものもあるんですけどね。あとは、1周もクリアはしていないものの、『アンジェリーク ルトゥール』はちょっとだけプレイしましたね~。なかなか楽しかった記憶があります。

私は作業ゲーに苦手意識はない…というか、どんとこい!ってタイプで、パラ上げ等の単調作業とかもまぁ割と好きなので(と言いつつRPGのレベル上げはクソめんどい)、アンジェリークは最早初周に誰を攻略しようとしていたのか欠片も覚えていないほど恋愛そっちのけで作業に集中して、初心者にあるまじきというべきか全員との新密度を上げる同時攻略に乗り出してましたね…( ˘ω˘ )ライバルの子(名前忘れた)との差が圧倒的すぎて可哀想になったのは覚えてる。

まぁ他の作品をプレイしたことがない以上比べようがないですけども、個人的な感覚としては作業色の強いアンジェリークはとりあえず置いといて、今回の議題のメインとなるのはまずはネオロマの中でも特にメジャーだと思うシリーズです。

遙かなる時空の中で シリーズ
金色のコルダ シリーズ


以上の2つのシリーズ作品に、まずは挑戦してみたいな~と思っております。

遙かシリーズは、本編だけで言うなら1~6まで出ているみたいで、FDや続編を含めたら結構な数になりそう。Vitaで出ているのは1・3・6で、今からプレイするとしたらやっぱりこの内のどれかかな~。

1番手を出しやすいのは、既に購入済みである遙か6なんですけど、シリーズ最新のだし色んな意味で1番私にとってはプレイしやすいんだろうとは思いつつ、仕入れた情報によるとヒロインの立場がこれまでのシリーズのヒロイン達とはちょっと違う?のかな?設定を理解していないのでよく分からないんですけど、とにかくそんな感じなのでここから始めて良いのかという疑問が。

よくここから(シリーズに)入ってもOK!と言われている作品なのは知っていますけど、私はナンバリングタイトルはきちんと1からプレイしたいタイプだし、やっぱり初代からナンバー順にやっていった方が世界観にも入りやすそうだな~とも思うので、オススメされつつもここまで来てしまいましたよ…。それに遙かシリーズ史上最も人気があるっぽい遙か3が気になって気になってw

あとはまぁVitaさんに慣れきった今からPSPに出戻りするのもあれなので、シリーズ順次移植!ってなるなら世の中には乙女ゲームは溢れているし、私の手元にも堆く積み上がっているので、シリーズ順にやっていくために気長に待つのもアリかなーって思ったりもしています(笑)

RPGも好きな私としては、システム的にはすごく興味をそそられるシリーズではあるんですよね。和モノより洋モノが好きなのでシナリオ的には設定も小難しそうだしちょいと苦手意識があったりなかったりするんですけど(´∀`;)でもなんか壮大そうだし思わぬところで私のツボをついてくれるかもしれない!という期待も持っていますw

まぁこうやって語ってても結局何にも解決してないんことには変わりないんですけどね(笑)やるとしたらはてどれからやるべきか…。

そして、遙かと双璧をなす(と私が勝手に思っている)コルダシリーズ。
大別するとナンバリング的には1~4と遙かと比べるとそうでもないか?と思いそうですが、私的には遙かよりもコルダの方がややこしくてしょうがない!まぁ遙かの方はFDや続編をほぼ把握していないからというのもありますが。

まずタイトル毎にキャラクター一新!っていうなら分かりますが、初期メンバーである1・2と8年後の3・4で分かれるっていうのは…分かりやすいのか?分かりにくいのか?

まぁそれは良くはないけど良いとして、だというのに2からやってよーし!という声もあれば4からでもぉけー!という声もあったりして、ググればググるほど一体どれからやればいいのかがさっぱり分からんぞ…。

ダウンロード版ならPSPゲーでもVitaでできるやつもあるし、分からないなら分かりやすく1からやるか!と思えば作業がキツいらしいということで尻込みするという悪循環ww

また、“f”やら“ff”やら“フルボイスspecial”やらでどれがリメイクまたは移植でどれがFDまたは続編にあたるものなのか…と混乱してくるし、極めつけは“AnotherSky”というやつ!コルダ3のIFストーリー?的なものらしいですが…。その設定自体は素晴らしいと思うんですけども、結局どれをやればいいのか分からない。・゚・(ノ∀`)・゚・。あれか、もう全部やれってか。

シナリオは音楽メインの学園モノ…で良いのかな。学園モノはあまり好みじゃないのでどうかなーとは思いつつも、システムが面白そうだし、気になるキャラクターもちらほら…って感じで、やっぱり人気作だけあってきっと楽しいんだろうな~ってことでやってみたい。

まぁそんな感じで、遙かもコルダもやってみたい!という気持ちはあるんですけど、結局ここまで語ってきたというのに何も解決してもないし方針が決まってもいない\(^o^)/

もうあれか、大人しくシリーズ全部順番にやっていくしかないのか。と言いつつそんな時間的余裕も金銭的余裕もないんですけどねー。
まぁでも変にコレクター癖があるっぽいので(積みゲーを見つつ)、どうせハマるまでは行かずともある程度好きになったらシリーズ集めずにはいられないんだろうなぁ…と思うと、それも賢い選択のように思えてきたぞ( ゚∀゚)←オイ

遙か6とコルダ4は欲に負けた結果手元にあるので、そこからシリーズに入るのが順当なんだろうなーと思いつつ、でもやっぱりシリーズ物は1から始めた方がより深く理解できそう、1から始めたいという感覚が抜けきらず、今日も未だに迷い続ける私なのでした。まる。


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

【Dance with Devils】楚神ウリエ 感想


「【Dance with Devils】楚神ウリエ/立華リンド 感想」にしたかった…。


どうも。ゲームが進んでいるようなそうじゃないような黒みつきな子です(・ω・`=)ゞ

ダンデビ思ったよりサクッと終わらせられたので、早速初回攻略したウリエさんの感想を書きに来ました~。

前回の記事でなんか色々と言ってたんですけども…。結論を言うとかなり楽しかったですw シナリオもそこそこ楽しめたし、今のところヒロインであるリツカちゃんには好感しか持ってないし。

雑感を述べた後、すぐに個別ルートに入ったところストーリーに引き込まれて一気にクリア出来ちゃいました(笑) ツッコミどころ色々あるんですけど、恋愛部分が好みの展開だったからより楽しかった~。

まぁそういうわけでウリエ√は無事終了したんですけど、まだ明確に攻略順を決めていなかったので次は誰にしよう…って悩んだ結果、美味しいモノは最後に残す派なので比較的気になっているレム・シキ・ローエンは後に回し、ヤバイと噂のシキとリンドを連続でやるのは流石にどうかと思ったので、消去法でリンドに決定。

【ウリエ→リンド→メィジ→シキ→レム→ローエン】って感じで今のところは攻略していこうと思ってます。

というわけでリンド目指して進めていたんですけども。いかんせん私の苦手どころか地雷の兄キャラなのでねぇ…。リンドのキャラ自体は嫌いじゃないし、むしろリツカちゃんにお兄さんとして接している姿には(行き過ぎた行為に目を瞑れば)好感が持てるんですけど、やっぱり恋愛モードをチラチラ出してくるのでひたっすら無心でボタン押下してました( ˘ω˘ )特にヒトorアクマ選択肢モードね。

しかもレム様が格好良くて…!リンドを目指しているはずなのに、ついついレム様にばっかり目が行っちゃうという事態に(笑) 斉藤壮馬さんのボイスが耳に心地好くて落ち着きます。

まぁでもなんとか個別ルートまで辿り着いたんですけど、ソッコーで実の兄妹じゃないってことが分かるのでこれからを思うとヒエェェエ((( ;゚Д゚)))って震えが止まらない。でもボタンを押す手は止まるという。
しかしトロコンを基本としている身としてはやらないという選択肢はない…!……ということで、一旦期間を設けることにしました←

冒頭の言葉からも分かる通りリンド√クリア出来ていないことは明白ですが、それどころか一旦ダンデビさんには積み山の方に帰還してもらうことにしましたよ\(^o^)/笑

違うゲームを挟んで覚悟を決める…!というより単純に会話タイプの作品ばかりやってた感じなので、もっと小説感のある作品をプレイしたかったと言いますか…。

で、数ある積みの中からどーれーにーしーよーうーかーなーと選んだところ、人気もあって評価の高い遙か6や三国恋戦記などを総スルーし、何故か最終的にあまり評価のよろしくないと思われる(私の印象)『蝶々事件ラブソディック』に落ち着きました。

そんなこんなでプレイを始めたわけですが、これが楽しい楽しい。がっつり地の文もあるし、小説を読んでいる感覚に近いので「こういうのを求めてた…!!」って感じで意気揚々と楽しんでいます。そして気が付いたら1人クリアし既に2人目エンド目前。

わりと時間を掛けずにクリアできるので、このまま蝶々事件を終えてからダンデビに戻ろうかなと方針を固めたところでそろそろ本題に入りたいと思います。
前置きが長すぎた。


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


では本日のメインディッシュのウリエさんのざっくり感想です~。ネタバレ上等!な方のみお進みください。





ウリエさんは、ウリエ・メィジ・シキの3人の中だったら一番入りやすいかな~?と思って初回プレイに選んだんですけど、まさか個別ルート入ってすぐにリツカちゃん暗示に掛かるとは思わなくて、もしかしなくてもかなり特殊なルートだったのか?とちょっと心配になりましたねw

まぁこの展開も、共通ルートからリツカちゃんに対してかなり親身な姿勢を見せていたけど、あぁやっぱりね…って感じでした。とは言えまさか初っ端から暗示とか予想外だったけどもw
これからどーなるんだ!?と先が気になってしょうがなかったので、ある意味掴みはバッチリ(笑)

最初から好感度が高いより、マイナスな状態から徐々にプラスに持っていく過程が好きなので、ウリエの親身な態度、そして手に入れたいとの欲求はリツカちゃん自身を求めてのことじゃなく、グリモワールの情報源もとい器としてのことだったと明示されたことは個人的には良かった(^o^)<リツカチャンニオトサレロ

そこから少しずつウリエの心境に変化が訪れて、最終的に想い合うようになるまでの過程は丁寧で良かったと思う。きゅんきゅんしました。

ただまぁウリエがリツカちゃんに惹かれるのはよく分かるんだけど、リツカちゃんがウリエに惹かれる理由がよく分からなかっ(殴

基本的にヒロイン視点のはずなのに、何故かリツカちゃんがいったいいつウリエを好きになったのか分かりませんでした(笑) 私の感覚ではいつの間にか両想いになっておった。

そもそもリツカちゃん心広すぎない??信用したした途端暗示を掛けられたのにどうして激おこじゃないの?共通ルートで色々と助けてもらったとは言ってもそれも思惑あってのことだし。

まぁリツカちゃんにとってみれば、思惑はどうあれ助けてもらったのは事実ってことかな?兄から諸々ネタバラシされた時も責めることなく私だけが何も知らずにのうのうと生きててごめんなさい、守ってくれてありがとうっていうよく出来た子だもんな…。

リツカちゃんがいい子すぎて輝いて見えるよ。芯が強いところも高ポイントだし、行動力あるところも良いし、兄とかから生徒会の連中には関わるな!と心配を押し付けられてもそれを受け入れるんじゃなくちゃんと自分で判断しようとするところもとても好感が持てる。プレイ前の心配はどこへやら、私の目にはとても魅力的なヒロインに映っています。
だからこそ自分との乖離がすごすぎて共感するのがなかなかムズカシイですな←

でも1つ言いたいことが。
もっとリツカちゃんの表情差分をくれ!!!せめて照れ顔を…。恋愛ゲームにおいての照れ顔の重要性…。

それはまぁ(良くはないけど)良いとして、複雑な家庭環境、幼馴染であるレムへの劣等感などの諸々の理由から何をしても、得ても満たされなかったウリエが、リツカちゃんとの真実の愛とやらを手に入れて救われる…っていうストーリー展開は私の好みだったのでとても楽しめました。

リツカちゃんへの想いを自覚してからのウリエさんはとても良きでした( ˘ω˘ ) ダンスパーティー?だっけ?ではこれまでは絶対に敵わないと諦めていたレムの前から連れ去っちゃうし、特に告白シーンは最高でした!

「僕を…好きになってくれませんか」って…。

ずぎゅん!!!
ってきました。これまではもっぱらリードする側だったウリエが、敬語でリツカちゃんに対して乞う感じだったのがめっちゃくちゃ良かったです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

それからヒト√とアクマ√に分岐しましたが、個人的にはアクマ√の方が流れ的にはしっくり来たかな?エンドはヒト√の方が良かったけど。

アクマ√は、幸せな空気をぶち壊すが如く吸血鬼の王ネスタ(イケボ)襲来!鬼強くて敵わねぇ!リツカちゃん(グリモワール)を守るためにとりあえずウリエと2人逃避行!その先のエクソシストの修行場みたいなとこで立華博士の研究資料発見!グリモワールは615年周期でヒトとアクマのハーフに宿るという事実が発覚!ならそれどっちかに傾ければいんじゃね?ってことでリツカちゃんはアクマに!無事グリモワールは消えたけどなんとリツカちゃんの記憶は消えて暗示が掛かっていたときのような従順な子になってしまった!どうするウリエ!

…とだいたいこんな感じだったはず。終始ハラハラしっぱなしで面白かった~。

モブ吸血鬼は笑えるほど雑魚っぽいのにネスタさん強すぎて勝てる未来が全く見えないレベル(笑)ウリエ以外の3人が「ここはオレに任せろ!」とバリバリのフラグを建てつつリツカちゃんたちを逃がしてくれたのは良かったなぁ~。
随所でウリエとレム様の絆が感じられるところが最高にイイですΣd(゚∀゚)フラグもばっちり折ってくれたので一安心w

それから、R18じゃない乙女ゲームではエロ展開いらないと思っている私ですが、今回のは流れ的に良かったと思います。ウリエの種族からそうなるだろうな、と予想がついていたこともあるし、グリモワールを消滅させるためっていう明確な目的もあるし。純粋に萌え…るところなのかは知らないけど萌えられた。

そして、グリモワールを消すためにウリエの眷属になったは良いものの、まさかのリツカちゃんの記憶消失っていうね。世界はもうちょっとウリエさんに優しくしても良いんじゃないかな?って思うくらいウリエに厳しい( ;∀;)

でもだからこそウリエのリツカちゃんに対する真摯な想いを更に実感できたし、ふとした言動で記憶を失くしてもリツカちゃんの根底部分は変わらないんだってウリエが感じるところはぐっときたし、記憶を取り戻すために色々と思い出の場所を巡るのとか良かった。

また、ヒト√は単純にこれまで忠実に従ってきたレム様の信用を失ってでもリツカちゃんを守るために生徒会連中と戦う!ってお話でした。

リツカちゃんを逃がそうとわざと辛く当たったり、傷付けてでも嫌われても、もう2度と逢うことが出来なくなろうと、リツカちゃんの命を守ろうとする覚悟にすごく胸を打たれましたね。

別に疑っていたわけじゃ決してないんだけど、「あー、この人本当にリツカちゃんのことが好きで大事でたまらないんだなぁ」って実感できてとても幸せな気持ちになれました(*´ω`*)

実際に戦うことになった時も、いつも余裕な態度なウリエがすごい必死で食らいついていて、上記のような気持ちが再来した。でもやっぱりウリエの強さに関してのシナリオ補正すごいよね。

というかレム様はウリエとの関係があったとしても本当にグリモワールを手に入れる気があるのか?って感じでしたw 本当に手に入れる気ならさっさと多勢に無勢で襲い掛かれば良いのに…←

エンドに関しては、ヒト√もアクマ√も、バッド的展開のエンド2好きですね~。ヒトエンド1は勿論1番ハッピーエンド!って感じで好きなんですけど、ウリエ√はバッドもどちらもお気に入り。

というかバッドでこそウリエさん輝いてました。バッドでこそウリエの愛を感じられる。

アクマ√での、まさかのネスタ再来で抵抗もままならず2人ともやられ、リツカちゃん死す。ウリエさんぶちギレでリツカちゃんを殺したネスタを灰塵に帰して自らもリツカちゃんの隣で永久に眠る…エンドと、ヒト√のリツカちゃんの誕生日まででも守ろうと満身創痍になりながらも1人で生徒会に立ち向かい、守り切るもリツカちゃんを遺して死んでしまう。救われたはずのリツカちゃんも目覚めることはなく…エンド。

どちらもウリエが格好良すぎてな…。愛が溢れすぎててぐっときた。しんどいんだけど、これまで乙女ゲームで見てきたバッドエンドの中でもかなり好きなエンドでした。

ヒトエンド1では、ちゃんと無事に守りきり、レム様との絆やレム様の格好良さを感じることも出来たし、レム様と3人でチェスとかしちゃってたし、最初の目標だった日常も戻ってきてハツピーエンド!純粋に良かった(ニッコリ)って微笑めるエンディングでした("⌒∇⌒")



ということで、ウリエ√楽しめましたー!ヽ(*´∀`)ノ
バッド的な展開も、単純にバッドエンドとするんじゃなくてハッピーエンドと区別することなくきちんと作ってくれてて個人的に嬉しい。

ダンデビの他のルートも期待が高まりました(とどの口が言うのか)。
まぁそれもまずは蝶々事件を楽しんでからだな!

では、今日の分のゲームを楽しんできます😁ここまでお付き合いくださりありがとうございました!

関連記事

【Dance with Devils】ちょこっとプレイ感想


どもー、ずっとゲームやってて目が疲れまくってる黒みつきな子です(・ω・)ノ

私にしては随分と順調にもりもりゲームやってます。まぁ他のことに使うはずだった時間を全て費やしているというか…犠牲にした結果ですけれどもw(笑い事じゃない)
おかげで目が疲れまくってるどころか痛くなってきました←

ということで、小休憩も兼ねて(目を使っていることには変わりないが)現在プレイしている『Dance with Devils』略してダンデビのプレイ雑感を書きにきました~。

あ、前回記事の時点でプレイしていた『鏡界の白雪』の方はようやく終わりまして、早速次のゲーム(ダンデビ)に移行した次第です。

そうそう、その前回記事のことなんですけども。鏡界の白雪プレイしてるよ~、1人クリアしたよ~、あと8人頑張るよ~的なことを書いたんですけど、なんと『鏡界の白雪』って攻略人数8人なんです…。私には不思議なことにひとり幻の攻略対象様が見えていたみたいですね。つまりはただの勘違い。恥ず。

まぁそういうわけで閑話休題。

まだまだ感想記事を書いていない作品がたっぷりとあるっていうのに、それらを差し置いてダンデビさんのちょっとしたプレイ感想を話にきちゃいました。だって言いたいことっていうかツッコミどころっていうか…沢山(というほどではないかもしれないが)出てきたんですよ…!

ということで、我慢できなくなっちゃったので本日はダンデビのちょこっと感想にお付き合いください。ちなみにネタバレはありません…っていうかストーリーの内容自体にはほとんど触れません。

なるべくズバッと行きたいと思いますよ~。あくまで個人的な感性や嗜好に左右されまくった感想ですので、そこはご容赦を。でも別に酷評してるってわけじゃないのでそこはご安心ください。





『Dance with Devils』…結構評価が高く、そしてフォロワー様からオススメされたことで興味を持ったこの作品。なので、割と期待してプレイを始めました。
アニメ先行のゲームらしいですが、私はアニメを見ていなかったので完全にダンデビの世界に触れるのは初めてだったわけですが…。

まず言いたいのは、キャラクターのビジュアルから想像していた声と、実際の声の印象が違ったということ。特にレムとシキとローエンかな。

これに関しては、キャスティングがどうとか声優さんがどうとかじゃなくて、ただ単純に自分が想像していた声との乖離が思ってたよりすごくて違和感がどうしても拭えない…っていう私個人の問題なわけですが。

プレイ前にまともにキャストさんを確認せずに始めちゃったんで(多分リンドが羽多野さんだってことしか知らなかったw)、レム意外と可愛いタイプの声だな!?とかシキって割と可愛い感じの容姿なのに平川さんボイスなんだ…って驚愕したり、ローエンなんか色気(?)あるな!?みたいな…。特に起動時に貰えるカードのボイスで平川さんの声が流れ出した時はほんとーにびっくりしたw

別に平川さんの声が苦手とか嫌いなわけでは決してないんだけど、シキの声はもっと可愛らしい…って言うのもなんだけど、少年ぽい声だと思い込んでいたから特に違和感がスゴかったですね(笑)

でもでも、現在は共通ルートの第5幕が終わったところで、トップバッターはウリエさんに決定したため2パターンある共通ルートのウリエ・メィジ・シキ側のルートをプレイしているのでシキに関してはかなり違和感も薄れてきたかも。

というか、実際プレイするとシキの声が平川さんなことにすんごく納得したというか…ww シキの喋り方や発言も相まって、あの吸血鬼兄弟と恋愛なようなそうじゃないようなものを繰り広げるとあるゲームの三つ子の1人が頭をちらつきまくるんですけど(笑)

レム様とローエンは、現時点ではあまり登場していないのでこれからに期待ですね。

それから、前の記事でも言った通り、私はプレイ意欲を増幅させるためにプレイ前にネタバレをなるべく避けつつ感想を漁るという習性があるのですが、今回も勿論例外なくささっと皆様の感想を読ませていただきました。

そこで、公式サイトから得られる情報の他にプレイ前に確認できた事柄としては、
・全13章構成(共通:1~6 個別:7~13)
・金太郎飴ではない
・リツカちゃんに引っ掛かる部分があるかも
・シキとリンド√やべぇ
…ってことくらいかなー。今思い付く限りとしては。

意外と共通ルートが長い感じしますけど、プレイ時間とか見てみると個別の方が断然長いみたいで、トータルで見ても結構ボリュームある感じで過程や描写が丁寧そうで良かったです。
実際プレイしてみた感じとしては、割と章自体が短めなので、特に冗長とも感じることなく丁度良かったかな。

それから金太郎飴かそうじゃないかは重要ですよね。まだ個別に入ってすらない段階ですけど、それぞれの個別ルートが楽しみになってきました。
まぁ特にこのキャラが好きそう!とか興味あるな~っていうのいないんですけどね!(爆)

あとはヒロイン・リツカちゃんか~…。というかアニメ先行ならヒロインボイスがないことにすごくすごく物申したいんですけど。

まぁそれは置いておいて、ヒロインの言動にモヤモヤするっていう作品は全然珍しくないですけど、やっぱり出来ることならストレスを感じずにプレイしたいですよね~。今のところ、そこまで不満に感じる部分は特にないですけど、この情報に偽りはないとも感じてます。だってなんか全体的に鈍臭いんだもんw←オイ
まぁ多分これは私がヒロイン至上主義故にヒロインに色々と求めすぎているのが原因なんだろうけど。リツカちゃんは普通の女子高生だもんね。私はもっと寛大な心でプレイ出来るように頑張るヨ。

そして、噂のシキとリンド兄さん。無理!受け付けない!って人もいるくらいなかなかにヤバイみたいですね…o(*゚∀゚*)o←

シキはどんな感じかは分からないけど、多分私としては楽しめそうだな~って思ってるんで良いとして、問題はリンドですね。いやそもそもヤバいヤバくない以前に“兄”ってところが地雷なんですけどね!w

皆様の感想を見る限りだと、リンドも安定のリジェ兄貴らしいので自分が受け入れられるか……じゃなくて耐えられるかが問題。なんで兄キャラって過保護なの…。たまには冷えた兄妹関係から徐々に関係修復していき最後には~的なマイナスから始まるのっていうのもあってもいいと思うんだ。

それはまぁ良いとして(良くないけど)、最初に出てきた時は結構格好いい?って思ったんですけど、やっぱりどんどん過保護な面が出てきて、更にはとんでもない行動に出たもんだから共通ルートの時点で…しかもあまり絡んでこないはずなのに既に苦手意識が。・゚・(ノ∀`)・゚・。
妹のことを自分の命も顧みずに守ろうとするなど大事に大事に想ってるのは伝わってくるんですけどね。そこは良いとは思うんだけど…それが“妹”として大切なのか、“ひとりの女の子”として大切なのかがねぇ。結論:兄は兄でいて欲しい。

まぁ私にとっての「乙女ゲームの兄キャラ(攻略対象)」に対する意見はひとまず置いておいて。

さっきもちらっと言ったんですけど、実はあまりどのキャラが楽しみ~とか早くやりたいとかいまいち気になるキャラっていうのがいなくて、しかもシナリオの方もなかなかすんなり頭に入ってこなかったので、最初の方は「私には合わないかも?」って思っていたんです。

最初に言った通りキャラの声に違和感ありまくり問題もあったし、キャラクターにも特にこれといった興味もなく(失礼)、更にはストーリーにもいまいち入り込めなくて…。

ストーリーは何が何だか分からなかったし、キャラの行動も強引でツッコミどころが沢山あったし、最初からリツカちゃんに対してグイグイくるので若干引き気味(笑)だったり。

特に「ヒトかアクマか?選択肢」ではひたすらに甘~い台詞をダミヘで囁かれるという…。こんなん笑ってしまうわ。というか、そもそも自己投影でプレイしないので、個人的にはダミヘは特にいらない派なんですよね~。まず画面上にリツカちゃんいるし。リツカちゃんに対して囁いてるのに自分の耳元で聴こえるという違和感バリバリの状況。などの細かいことが気になって気になってw

しかも内容が内容だからか、テキストは読んではいるけど会話の内容はまっっったく頭に入ってこないという(笑) ついさっきプレイしていたのに既に覚えてないww 私、甘い言葉とかシチュエーションに萌えるんじゃなく笑ってしまうタイプなのです。

あとこういう仕様って、好きなキャラじゃないとかなりキツいんじゃないかなーとか思ったり。今攻略しているウリエさんは、比較的入りやすそうだったし、現時点で割と好きなキャラなので半笑いで楽しめているっちゃいるんですけどね。

でも、なんだかんだとポチポチ○ボタンを押し続けた結果………

あ、あれ?何だか楽しいぞ???

シナリオにはツッコミどころとか、苦手意識を感じてしまう部分はあるんですけど、キャラクターは皆濃いし、キャラ同士の…特に所謂3バカの絡みが面白くてなんだかクセになってしまう(笑)
しかもどんどんどんどんメインストーリーに関する情報が開示されたり、ポンポンと新しい展開になったりして、絶妙に続きが気になって止め時が見つからないってレベル…!笑

ということで、なんだかんだと色々なことを言いましたが、中途プレイでの雑感としては 結論:楽しめそうだよ\(^o^)/ ってことですね!←



まぁそういう感じで、今のところはダンデビ楽しめそうで良かったです!(^o^) このまま個別ルートひいては全キャラ楽しめると良いなぁ。

では、本日はバレンタインデーということで、自分が食べたいがために常にマイナスに振り切れている女子力をたまには発揮してクッキー作りに励んでみようと思いますので、そろそろ失礼します~。

本日もここまでお付き合いくださりありがとうございました("⌒∇⌒")



↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

今更すぎるけど2017年ゲームまとめ


どうも、割と順調にゲームを進められている黒みつきな子です|゚ー゚)ノ

やっと…、やっとここまで辿り着きましたー!!w
今までやるやる詐欺してましたけど、それも本日で終了です( ˘ω˘ )←

ということで、本日はすっっごい今更感ありまくりですけど、去年プレイしたゲームのまとめ的なのをやろうと思います~。よろしければお付き合いください。

内容としては…うーん。やっぱり1年間でプレイした本数とその簡単な感想…かな?あっ、その前に購入したゲームの本数とクリアしたゲームの本数との比較みたいなのもやろうそうしよう。

では早速スタート~!q(^o^)



まず、去年の【購入ブツ+お借りしたもの=増えた本数】と【クリア(プレイ)した本数】をざっと数えてみました。


【購入ブツ】


〈新作〉
◇BLACK WOLVES SAGA-Weiβ und Schwarz-
◇ワンド オブ フォーチュン R2 ~時空に沈む黙示録~
◇Side Kicks!
◇大正×対称アリス HEADS & TAILS
◇白と黒のアリス
◇空蝉の廻
◇喧嘩番長乙女~完全無欠のマイハニー~
◇ハイリゲンシュタットの歌
◇悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

〈過去作〉
◇Dance with Devils
◇鏡界の白雪
◇ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
◇大正×対称アリス all in one
◇絶対階級学園
◇悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
◇ワンドオブフォーチュン2 FD~君に捧げるエピローグ~
◇青春はじめました!
◇三国恋戦記~オトメの兵法!~
◇ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION-


〈お借りしたもの〉
◇KLAP!! ~Kind Love And Punish~
◇喧嘩番長 乙女
◇越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~
◇スクール・ウォーズ ~全巻パック 本編&卒業戦線~
◇BAD APPLE WARS
◇Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~ another record
◇蝶の毒 華の鎖
◇蝶の毒 華の鎖 幻想夜話
◇Blackish House sideA→
◇Blackish House ←sideZ


【クリアゲーム】


◆剣が君 百夜綴り
◆7'scarlet
◆BLACK WOLVES SAGA-Weiβ und Schwarz-
◆明治東亰恋伽 Full Moon
◆大正×対称アリス all in one
◆ワンドオブフォーチュンR2~時空に沈む黙示録~
◆Side Kicks!
◆ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚
◆大正×対称アリス HEADS & TAILS
◆喧嘩番長 乙女
◆越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~
◆Blackish House sideA→
◆Blackish House ←sideZ
◆白と黒のアリス
◆悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-
◆CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime
◆空蝉の廻
◆ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION-
◆悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-

◇絶対階級学園
◇ハイリゲンシュタットの歌



リストにするとこんな感じですね。抜けがなければ(笑)

購入したものがトータルで19本、お借りしたものが10本で、計29本!
な、なかなかの本数であります…((( ;゚Д゚)))やはりセールとか掘り出し物とか見付けちゃうと欲に抗えなくて過去作が増える増える。

それに対し、クリアした作品が全部で19本。ぷらす中断中の2本。って、あれ…。私ちゃんと購入した分は消化できてるじゃないですか!!(驚)

増やしているのは自分のくせに「増える一方だ~。・゜・(ノД`)・゜・。」とか嘆いてましたけど、意外と自分ちゃんとやれてる…!?いやまぁ増えてることには変わりないんですが。

新作も一応発売日が被っていたもの以外はほぼプレイできているし、自ら積んだ分はちゃんと消化できてるって分かっただけでも今回まとめした甲斐がありました…。今後は少しずつプレイ本数の方を増やして行けるように頑張るしかないな。

まぁそんなわけで、クリアした本数は19本という私的には大快挙なわけですが、確か2016年のまとめか最後のご挨拶かで「来年は月2本ペース目指す!」と言っていた記憶があるようなないような…?

……まぁ過去なんて振り返ってもしょうがないし忘れることにします( ゚∀゚)←

ということで一言(じゃない)感想行ってみよー!一応ネタバレしない範囲で書こうと思ってます。



剣が君 百夜綴り

すんごいボリュームだったっていうことばかりが記憶に残った1作。多分私おまけ全部見てない。あまりに長すぎても飽きっぽい私には苦痛になりかねないんですが、この作品は全然そんなことなかった!…とは言わないけど全100編という大ボリュームを中断せずにこなせたという意味ではすごく魅力的な作品でした。正直、本編から引き続き特にハマったキャラはいないんですけど、どのキャラも魅力的だってことは分かるからどの話を見てもそれなりに楽しめる。それに、多種多様なストーリーが見られるので、単純に飽きさせない面白さもあってプレイしていて楽しかったです。
推しは…前述した通り特にハマるキャラはいないのと、どのキャラも良かったと思えるから箱推しってことで良いのかな?あえて言うなら実彰さんかなぁ。


7'scarlet

初めてこんな演出に凝った作品を見た!ってくらい演出部分が印象に残ってます。いや、中身もそれなりに面白かったけど。でも、今まで単純にストーリーが面白い、キャラクターにハマれれば面白いと思ってたので、細かな演出で印象も結構変わるんだな~って新たな発見が出来た作品ですね。
内容については、ミステリーなのかホラーなのかファンタジーなのかよく分からんけど、大筋のストーリーは面白かったかなー。ただそれぞれのルートの内容はあまり記憶に残ってないw 最後の隠しルートの印象が強かったせいだと思います。あとあまり好感の持てなかったヒロインのせい(笑)
推しは隠し。ソウスケさんとかユヅキさんとかもまぁ良かったし、私的には年上キャラが魅力的な作品でした。


BLACK WOLVES SAGA-Weiβ und Schwarz-

いや~これはすごかった!w 絵柄も結構印象に残る独特な感じだとも思うんですけど、何より中身(シナリオ)が強烈!!グロいし重いししんどいしっていう三重奏。だがそれがいい。
共通ルートがめちゃくちゃ長くて、個別ルートってか個別パート?ってくらい個別部分が短いんですが、その分メインストーリーを丁寧にやってくれるし、そのメインストーリー自体が面白いのであまり(あくまで“あまり”)不満はありません。
あとキャラクターも強烈なのばっかでしたね…(笑)他の作品と比べて頭がおかしいのが多すぎるwwしかしそれがクセになると…( ˘ω˘ )
一応ラス推しのつもりだけど、ギランも可愛かったし、オージェも好き…w


明治東亰恋伽 Full Moon

PSP版プレイ済みだったんですけど、新キャラ追加されてるってことでお友達にお借りしました!
人気なのも分かるなぁってくらいキャラクターも可愛いし全体的に良作だった…とは思うんですけど、個人的にはあんまりハマらなかった作品です。新キャラ以外は再プレイにもかかわらず楽しんでプレイ出来たし、キャラクターも好きなんですけどね~。いったい何がダメなんでしょう(-ω-)勿論好きなことには好きなんですが。
推しはやっぱりPSPから変わらず春草です!彼のおかげでKENNさんに出会えたしハマった。それから予想外に新キャラの桃介さんが良かったです。


大正×対称アリス all in one

個人的最高のゲームその1。シナリオの構成・キャラクター・絵・キャストどれをとっても良かった~。シナリオを評価されている作品なのでシリアスの比重が高いんだろうなぁって思ってたら序章で早速裏切られたwwコメディとシリアスのバランスが丁度良くってメリハリがあった感じです。
特に素晴らしいのはヒロインですね!!容姿は然ることながらそのキャラクターが個性的で、個人的に最っ高のヒロインでした(,,> <,,)♡その地位は未だに揺らいでいません。
シナリオもヒロインも、人を選ぶっていうか…賛否両論あるとは思うんですけど、私にとってはすごく大好きな作品になりました!これまでグッズはいらん派だった私が初めてグッズが欲しいって思って実際に買っちゃったくらいです(笑)
推しはヒロイン百合花ちゃん!と言いたいところですが、キャラクター単体ではアリス贔屓の魔法使い、カプで考えるなら断然アリス!って感じです。


ワンドオブフォーチュンR2~時空に沈む黙示録~

泣いた…泣きました(´;ω;`)前作のキラキラ学園モノは何処へ…?ってくらいシリアスで、切ないししんどいし感動するしで涙が溢れてきてしょうがなかったです~…。やっぱり私ワンド好きだなぁって改めて思いました。本編の方もおまけもボリュームたっぷりでかなり満足度が高い作品でしたね。あと前作よりも作業感は軽減されていて、多少はプレイしやすくなってましたけどランダム要素もあって大変な部分もありました😌そこはやっぱりワンドだなぁってw
惜しいのは前作のようにFDもセットじゃなかったこと!お陰でPSP版を買ってしまったよまったく…。
推しは、なんと前作での推しエストを飛び越えて今作からの新キャラ、ソロ・モーン!すっごい泣けた。これでもかってほど泣きました。ラギもとても良かったよおぉお。・゚・(ノ∀`)・゚・。


Side Kicks!

個人的に応援してるextendさんの新作。さっくりプレイできるんですけど楽しかった!セブスカと同じく演出部分が凄くて、プレイしていて楽しかったですね。シナリオの方も、ボリュームの関係で恋愛に関しては結構唐突感がありましたけど、メインストーリーはどのルートも、それから真相も面白かった。いやそれ乙女ゲームとしてはどうなんだって感じですけどw
それにしても真相がねー…賛否両論ありそうですけど私は好きです。最後の最後で大どんでん返しを食らって衝撃大でした。まぁ真相ルートの前から、伏線とかから予想してはいたんですけどね…。思わずウルッと来ちゃいました。
推しはノラさん!特にどこが良かったってわけではないけどなんか好き。


ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚

いやぁ、人気ですねこれ。それにも納得の、全体的に平均以上の良作だったとは思うんですけど、期待しすぎたからかあまりハマらずに終わった。でも続編プレイしたい!って思うくらいには好きな作品でもあります。
イラストは流石さといさんと言うべきかスチルも立ち絵も綺麗でしたね~。作品の世界観とか設定、テーマとかも面白くて、独特な雰囲気を持っている感じで良かったと思います。キャラクターも、サブキャラ含めて良いキャラばかりだったと思います。ただ、ヒロインのツグミちゃんがねぇ…。可愛いから期待しすぎたかな!w 可愛いとも思うんだけど、プレイ中言動に結構引っ掛かる部分が。そこは残念。
推しは珍しくメインヒーローの隼人!格好良かった…。最初は滉かな~って思ってたんですけど、やっぱり隼人かもってことで推しに昇格~。シナリオ不遇がなければ断然トップだったと思います。


大正×対称アリス HEADS & TAILS

ボリューム…!ボリュームをもっとくれ……!!と嘆かずにはいられないあっさり風味でした。いやいや、中身は詰まってるんですけどね?ただ好きだからこそ、もっと対アリの世界に触れていたかった~って思うわけです。
特に楽しかったのは、本編を裏側から見れる猟師編とオオカミ編。あと魔法使いアフター。猟師編とオオカミ編は、それぞれの視点から本編をなぞってくれるので、結構ややこしい部分が多かった本編がいい感じに整理されましたね。補完的な感じで楽しかった~。2人のキャラクターも好きだし、百合花ちゃんを外側から見れるということで私得でした(。-∀-)魔法使いアフターはこれが見れただけでも買う価値あった…!ってくらい良かったというか望んでた展開で大満足でした…!
学園パロは、面白かったっちゃ面白かったけど、7人もやるのは結構骨が折れましたね~。ほのぼのしてるので。(つまり飽きる)後日談も、かーなーり、短かったけど幸せそうな皆を見れて満足です。冗長になるよりは良いよね。


喧嘩番長 乙女

正直、こんなに面白いとは思ってなかった。侮っててゴメンナサイ…。お借りしたやつだったんですけど、面白かったので安くなってたダウンロード版買っちゃったよ。
もっと軽いっていうかバカっぽいゲームだと最初思ってたんですけどw、全然そんなことありませんでしたね~。個別ルートはそれぞれの問題を漢なヒロインのひなこちゃんと一緒に乗り越えていくって感じで、またその抱えてる物が意外と重かったりしてね、シリアス成分も多かったです。喧嘩バトルはストーリーが進むにつれどんどん難易度ベリーハードになってきて、かなり大変でした。しかもちょくちょく挟まれるから正直めんどい(笑)でも意地でも“勝ったことにする”コマンドを使いたくなかったので、なんとか頑張りましたw
推しは未良子センパイ。でもコンパルも良かったよ。


越えざるは紅い花~恋は月に導かれる~


いやもうさっすがR-18からの移植です。これ大丈夫なんかな…?(;゚Д゚)って心配になるほど際どい部分が沢山ありましたw ストーリーの方も、かなり重めでしたけど、だからこそ面白かったです。
ただ、攻略対象は結構人数いる方だと思うんですけどね~、メインの3人から分岐するって感じだったのでちょっと私は複雑な気持ちを払拭できなかった。だって既にヒロイン結婚してたりするんですもん。つまりこれは不倫…!って気持ちばかりでメイン以外のルートは行きづらかった(^^;)しかもルートによっては裏切る相手(メイン)から心を寄せられたりしてるし…!多分その背徳感みたいなものもウリっていうか醍醐味なんでしょうけど、私には合わなかったかな。まぁきっちり全員分クリアしちゃってるんですけどね!笑 (面白かったです)
推しは何故か文鎮様(笑)スレンもトーヤもエスタもジギも良かったんですけど、一番印象に残ってるよ…。


Blackish House sideA→

個人的最高のゲームその2‐1。すっごくのめり込んでプレイしてました。ボリュームはこれでもか!ってくらいたっぷりなんですけど、全然飽きません。攻略対象それぞれが抱える欠点…闇を、ヒロインが自身の抱える欠点を克服しつつ救っていくという紛うことなきカウンセリングゲームでした。ということで私はカウンセリングゲームに目覚めました。
描写とか展開が丁寧なので、恋愛過程も分かりやすいし無理がない。カズアキさんのスチルはどれも素晴らしいし、キャラクターも魅力的なのがごろごろいて楽しかった~!全体的に丁寧にしっかり作られた作品って感じられて良かったです。
推しは椎葉さん。皆良かったけど、なんだかんだ言って一番普通の恋愛してた椎葉さんが好きですw


Blackish House ←sideZ

個人的最高のゲームその2‐2。sideAもなかなかだったけど、こちらはダーク成分増し増し。那由多は癒しキャラだと思ってたよ…。いや癒しではあるけどルートシナリオが全然癒されなかったよ…。
内容がハードになった分、面白さも増してましたね。それにsideAよりも共通ルートが短くなり、個別ルートが長くなったのも良かった。
ただねー、AもZも共通して思うことは、もっとヒロインである雛ちゃんの個性がしっかり確立してたらなぁってとこです。あとデフォ呼び。まぁシナリオの設定からしてヒロインが個性的だったら成り立たないわけですがw ただ単に私が個性的で印象に残るヒロインが好きってだけです(笑) その点雛ちゃんはちょ~っと存在感が薄いっていうか…←
推しはダントツ乃亜!シナリオも良かったしキャラクターも好きです。あと意外にもセラが良かったです。


白と黒のアリス

普通に面白かったです。正直そこまでピンとは来なかったんですが、色々と“丁度いい”作品でした。というか、多分これプレイした時期が悪かった(笑)
でもでも、ネロくんルートが個人的にめっちゃ良くて…!それだけでもプレイした価値があったって思うくらいには好きですw いや勿論他の人たちも良かったんですけども。恋愛過程も比較的丁寧な印象だったし、ヒロインが2人っていうのも良かったなぁ。ボイスがついていれば更に良かったのに…。
カノンもスノウも良かったけど、推しは勿論ネロです!


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle-

個人的最高のゲームその3。これは余韻がヤバかった…。そしてOPが好きすぎます。
ロボ物アニメはあまりハマった経験がないため、SFは好きだけどどうかな~って感じで挑んだ作品だったんですけど、予想以上にサイコーでした。ティアブレイド最高だぜ!!
キャラクターも、音楽面も、絵も、キャストも素晴らしいんですけど、特に好きなのはシナリオ。多少ご都合主義的な部分や粗もあったりしましたが、設定やエピソード同士の点と点が繋がって線になった時の爽快感!「これがああだったのか!」「まさか…これはあの時の!」「だからこうだったのか」って驚きの連続で、こういう構成のストーリー大好き。それに各キャラとヒロインの運命力強すぎ。とにかくしんどいしんどい言いながらプレイしてましたね~。ガチの方と萌えの方とで。
推しは意外にもヤジュル。ロウとクレイドルとも甲乙つけがたいんですけど、シナリオが一番好みだったのでヤジュルに軍配が上がりました(^o^)


CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ ExTime

流石人気作。面白かった。…んですけど例によって個人的にはそんなに(;´∀`)
私は乙女ゲームに出演なさってるヤンデレさんは苦手なことが多いんですけど、絶対苦手だと思っていた鷹斗が意外にも好きになれたってことは嬉しい誤算だったんですけどね~。ヒロインの撫子ちゃんにも好感が持てたし。
でもとってもボリューミィで満足です。おまけの量がヤバイ(笑)正直全部見るのダルいくらいでしたよw でもやっぱりおまけが沢山ある作品は良いですよね(^^)
推しは央です!央さんめちゃくちゃ良かった!理想的な男性像の1つじゃないかな?って思うくらいに魅力的なキャラクターだった…。


空蝉の廻

笑いを禁じ得ないバグがありましたけど、なかなかに良い作品だったように思います。と言っても振り返ってみると全体的に印象薄いんですが(笑)← まぁプレイ中楽しめるかどうかが大事なんだよ、うん。
と言うよりも、攻略制限掛かってるキャラクターによって作品の評価も変わりそうだけど。私はそのシナリオの展開が結構好みだったので、推しにまで昇格したから評価自体は高めです。シナリオも全体的に面白かったし。あ、でもモブ達がほんっとに腹立ちましたね😡特殊な環境下だしこうなるのも仕方ないのかな……なんて思えないくらいクズばっかですw なかなかハードな展開は続くし、陰ルートなんていかにもなルートもありますけど、ちゃんとハッピーエンドはあるので安心して楽しめました。


ファタモルガーナの館 -COLLECTED EDITION-

これは乙女ゲームじゃないんですが…悲劇の名の通り暗くて重くて時にはグロい展開が続くんですけど、その中に織り込まれている恋愛要素がこれまた良くて…!かなり恋愛成分たっぷりだったので、是非乙女ゲーマーさんにプレイしてもらいたいなって思うくらいしっかり恋愛してました。
いやでも本当にしんどい展開ばっかりで、辛いし切ないしで感情移入しまくってかなり泣きました。しかも私の感覚でメインよりメインな2人の関係やエピソードがしんどくってね…そっちばかりに目が行っちゃったんですけどもw でもたった数ページのSSであんなに泣かされるとは思わなかったんですよ…。
これも余韻が凄かった。終わらせたくないって思いながら泣く泣く終わらせましたよ。おかげで次にプレイした作品に身が入らないという(笑)


悠久のティアブレイド -Fragments of Memory-


とっても良かったです…!FDと言うにはあまりに微糖のような気もしますが、私にとってはご褒美です。でもボリュームはもっと欲しかった…けど内容的には満足度高いです!
前作トゥルーエンド後のエピソードを描いた【エクリプス】編も、これぞティアブレ!って感じのしんどさで面白かったし、アフターも短いながら内容は充実しててどのキャラクターも楽しかった。【フラグメント】システムもすごく良かったし、ティアブレの世界が広がりました。そしてスチルの美しさは変わらず。今作はCGコメントもあったんですけど、私はいつも面倒になって好きなキャラ以外は聴かずに終わるのに、今回はちゃんと全部聴いたくらい面白かったです。感動するものもあれば笑えるものもあって、しかもメタ発言も…w バリエーション豊富で聴いてて楽しかったですね。



という感じです(;´∀`)めっちゃ長い。文字数に比例して時間も掛かったw おかげでゲームやる時間ががが。

いや、途中で思い出したんですけど、そういえば上半期まとめでほぼほぼ一言(じゃないけど)感想書いてたなぁって。でも何とか最後までやりきったー!

次はランキングとかやりたいなぁ。と思ってみるけど需要あるのかコレ。

では本題も乗り切ったし、さっさと切り上げてゲームの世界に帰りたいと思いますぞ。こんな長い記事にお付き合いくださいまして誠に感謝しております。では失礼。


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

最近のゲームプレイ状況(^^)


どもども。前回の更新からまた日が経ってしまいましたが何とか広告出る前にやって来ました黒みつきな子です(^◇^)

やろうやろうと思っていた2017年のゲームまとめとかランキング諸々は…うん、結局まだできてないけどもうすぐやる。たぶん。

それよりも、現在はしばらく鎮静化していた乙女ゲーム熱が燃えに燃え上がりましてね…今年に入ってからひたすらゲームしてます。増やすしか能のなかった私がなんと!積みゲー消化してますよ!!と言いつつ先月3作買ってしまっているんですが。

とまぁそんな訳で、本日は最近…というか今年に入ってからプレイしているゲームについてお話したいと思ったのでやって来た次第であります(。・Д・)ゞ


まずプレイ本数ですが、基本亀ペースの私がなんと、年末から今日に至るまでに4本もクリアして現在5本目に突入してますよ~( ゚Д゚)
あまりボリュームのある作品でなくさっくりプレイできる作品を選んでいたと言っても、こんなに1ヶ月ちょいでクリアできるだなんて私が乙女ゲーム始めて以来の快挙ですよ!!(まだ約2年目くらいだけどもw)

しかもしかも、先月は大学のテスト期間にまさかのそれにどん被りしたインフルさんのことを考えると奇跡としか言いようがない。あ、勿論テストやレポートはなんとかこなしました😇✋ちなみに先日成績が出たんですけど、なんと評価はSとAのみという好成績だったことをここでひっそりと自慢しときます(オイ)

まぁそれは置いといて。
プレイゲームのラインナップとしてはですね~、私自身が積み上げているものもそれこそたっっっぷりあるんですけど、いい加減お借りしている作品をやらなくては!ってことでやる気のある内にと一気に3作品駆け抜けました。

スタートは前回の記事でも言ったんですけど、NORN9 ノルン+ノネット LAST ERA!これがもう楽しいのなんのって。元々ノルン自体は好きだったんですけど、この作品のお陰で本編プレイしてもあまり興味の持てなかった…まぁ言っちゃえばビミョーだったキャラも含めて全キャラ好きになれたし、勿論ノルンという作品も更に好きになれました(*´ω`*)

私の理想に最も近いFDでしたね~。ボリュームも内容も文句ナシ!乙女ゲーム再開した時に選んだ作品がラストイーラじゃなければ、こんなにも乙女ゲーム熱が高まることはなかったかもってくらい魅力的な作品でした!😄

と、ノルン語りはそれくらいにして、お次はさっきも言った通りにお借りしたゲームの消化に努めましたぜ(`・ω・´)
Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~ another record
KLAP!! 〜Kind Love And Punish〜
BAD APPLE WARS

の3作品をたて続けにプレイしましたよ~。

どれもかなり楽しめた!!この中でも特に好きなのはバドウォかな~🤔以下超簡単な感想です。

まずリバソンですが、これは珍しくメインヒーローに心奪われちゃったので印象深い作品ですね。プレイしていて楽しかったし、良いか悪いかと聞かれたら間違いなく良かった!!って言えますが、あまり入り込めない作品ではあったかな?こうさらっと作品の表面だけをなぞって受け取ってるというか…。

でも作品のテーマは好みの部類だし、キャラクターや絵、音楽も良かったので全体的に考えると私の中でも(私にとっての)良作に入りますね。まず何より飽きっぽいにもほどがある私がノンストップでプレイできてること自体が楽しめている証ですな( ゚∀゚)

個人的に一番楽しみにしていたのが松岡さん演じるアメくんだったんですけど、意外や意外にも滅多に落ちることのないメインヒーロー…さらには私の中で本命になりにくいタイプのキャラであるカイリ(cv.福山さん)に落ちまして。基本オススメ攻略順とかがない作品の場合はメインヒーローから、というマイルールに則ってカイリさんは一番最初にプレイしたんですけど、一番最初にプレイしたキャラって印象薄れちゃうタイプなのにな~。何故か一番心に残ったルートおよびキャラでした(^^)あれですな、ギャップにょゎぃ。

他にもヒロインとの関わりが深い…?って感じのヨル(cv.前野さん)はキャラクターは良くても立ち位置的にルートとかはあまり好みじゃないだろうなって思ってたんですけど、これが予想外に良くて…!そんな感じで、色々と予想とは違った部分が多くて面白かったですねー。

まぁ真相の意外性はなかったけど(笑) あ、やっぱり?って感じでしたw この真相で分かったことはヒロインにはヒロインたる理由(特別性)があるんだなーってことです。←
あ、でもしっとりなエンディングを迎えたはずなのに唐突に流れ出すロック調のED曲…という意外性には笑わせてもらいましたけどね。

それからKLAP!!。正直キャラゲーとかあんま好きじゃないと思ってたし、絵の雰囲気も個人的な好みからは外れていたり、教師と生徒の恋愛という地雷だし、更には“調教”なんていう言葉とシステムから敬遠していた作品だったんですけど、お友達にオススメされたのでお借りしてみたんですけど…。

プレイしてみてあらびっくり。超 楽 し い 。
私は基本、プレイする前にAmazonのレビューとか乙女ゲブロガー様方の感想記事とかをネタバレをできるだけ避けつつ読んでやる気を育ててからプレイスタートするんですけど、そのお陰で結構面白そうかも…と思っていたとはいえ、それを遥かに上回る面白さ、可愛さ!!

どのキャラクターも可愛くてプレイ中ニヤニヤが止まらないわ、ポンポンと展開する会話が面白いわ、攻略対象達の行動にきゅんきゅんするわでとっても楽しかった~( 〃▽〃)

逢魔県および幽魔の学び舎という特殊な環境、相手が幽魔という関係上、1人を除いてヒロインよりも遥かに年上ということもあって、地雷のはずの教師と生徒の恋愛もそこまで気になりませんてしたし、調教システムもだんだん高評価を得ることに熱中してしまいましたね(笑) ストーリーも結構しっかりしていて、個別√もそれぞれ違って面白かったです。

何よりキャラクターが皆可愛すぎる!梶さんボイスの壮介に落ちるかと予想してたけど、カミル(cv.木村さん)がちょ~~~可愛い!!ってことで最萌決定。カミル=セッツェリンって語感良すぎてフルネームで言いたい。しゃべり方もどちゃくそ可愛いし「かしこまり」が可愛すぎて死んだ😇🙏

うん…、これまで避けててほんっとに勿体ないことしたと思います。これはFDもやりたくなってきますねー。う~ん、大満足でした!

それから次はバドウォを選んだわけですが…。作品全体の雰囲気や、格好良すぎるOPからかな~り期待して挑んだ作品でしたが、それ以上に良かったです。

例に漏れずプレイ前に感想を漁ったんですけど、テーマは重いのにあっさりしてる…的な意見が散見されたように思いますが、個人的な感想としては全っ然そんなことなかったです。確かに物語の舞台に関わる事実については解明されなかったりと消化不良な部分もありますが、ヒロイン達の物語という視点から見れば良く纏まってたと思うし、作品のボリュームに対してかなり深~い物語でした。

“生きる”ということはどういうことか、とキャラクターそれぞれの答えを出していく様は見応えがあったし、私自身も色々と考えさせられました。まぁいちいち言葉とか行動が厨二を彷彿とさせるというか…少年漫画ちっくでなかなか熱いので笑ってしまったり複雑な気持ちになることもありましたが、それも味ということで。

それに推しが定まらない!ってくらいどのキャラクターも良かったし。強いて言うなら…うーん、シキシマさん(cv.石田さん)かな。でもでも、白髪の風紀委員(cv.立花さん)もいい味出してたし、シナリオなら流石メインヒーローと言うべきかアルマ(cv.櫻井さん)ルートが全体の流れからエンディングまですごく良かった。

そしてサブキャラが皆個性的で魅力的。まさか立ち絵がないサブキャラまでもをこんなに好きになれるとは。そして先生達は外せない!メインキャラから見ると敵キャラ的な立ち位置になると思いますが、皆いいキャラしてました(笑) 特に杉田さん演じるウサギ先生は、この前にプレイしたKLAP!!の紫苑センセーとのギャップが激しすぎて笑っちゃいましたねww

いやー、ほんっとに良い作品でした、バドウォ。個人的にかなりのヒットです。今回はお借りした作品だったわけですが、自分用に限定版が欲しいと思えるほどお気に入りの作品になりました(`∀´)

ということで、なんだかかなーり長めに語っちゃいましたが、これでお借りしている作品は残すところあと1作品というところまで到達しました…!

ならさっさとやれって感じですが、その最後の1作品であるクインロゼのスクール・ウォーズ~全巻パック 本編&卒業戦線~をちょ~っとだけやってみたんですけどねー…設定とかは面白そうだって思うけどイマイチ気分が乗らなくて鏡界の白雪にシフトチェンジ☆しちゃいました(;´∀`)

これがまた楽しい!まだ1人目しかクリアしていないんですけど、もうずっとニヤニヤが止まらない。ヒロインの未白ちゃんと攻略対象の2人の距離が徐々に縮まっていく様とか、キャラクター達の流れるようなテンポの良い会話とか、個性的な絵とか、とても綺麗で凝った背景や演出とか、場面に合ったBGMとか諸々、とっても良くてプレイしていて楽しい…というか私に合ってるかなって感じ。

あと8人という結構な大人数ですが、これは夢中でプレイ出来そうな予感がしますね( ˘ω˘ )まだこれ!って気になるキャラがいないので、果たして自分が誰に落ちることになるのか…楽しみです。


という感じの近況ですー。

あー長かった!やはり書き始めると冗長になってしまう。いい加減さくっと簡潔に書ける術を身に付けたいところです。こんなぐだぐだな文章にここまでお付き合いくださった方には感謝の念が溢れて止まりませんね。

ではでは、随分と記事作成に時間を取られてしまいましたが本日はそろそろゲームの方に戻りたいと思います。と言ってももう就寝時間ってレベルですが。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました!ではこれにてドロン。


↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

お久しぶりです…と購入したブツ



どうもお久しぶりでございます!3ヶ月ほどブログを放置してしまった黒みつきな子です("⌒∇⌒")

暫くブログどころかゲームも出来てなかったのですが、ど~してもゲームがやりたくてしょうがなくなったので、現実(試験勉強やら就活やら)から目を逸らしつつ12月末からゲームをぼちぼちやり始め、こうしてブログの方にもひっそりと戻ってまいりました。

放置している間にいつの間にやら年も越してましたね…。だいぶ遅れてではありますが明けましておめでとうございます😊まだまだ乙女ゲームもブログもTwitterもやめる気はないので是非ともこのブログ共々わたくし黒みつきな子をよろしくお願い致しますm(。-ω-。)m

と、この場を借りて簡単に挨拶をさせていただいたところで近況をば。

今日も今日とて大学のテスト期間にもかかわらず帰ったらゲームをしようと意気揚々(大嘘)と大学に向かったは良いものの、昨日の夜から喉が痒くて咳が止まらなくってですねー…ついには全体的な熱っぽさと若干の関節痛と寒気に苛まれ始めたので嫌な予感がしたんですけど、案の定帰ってから体温測ってみたらそれほど高くはないけど熱があったよ!\(^o^)/w

タイミング悪すぎて笑っちゃいますが、勿論ゲームはやります…というかむしろ心置きなくダラダラしながらゲームできるじゃない!😄とか考えてるクズですごめんなさい。無論片隅には山のように積み上がったテストの予定と差し迫った課題の提出期限が…。

しかし反省は一応するものの、数歩歩けば…いや歩かなくても綺麗さっぱり忘れる&開き直る鳥頭スタイルで日々を過ごしておりますので、改める気はないとだけ言っておきます( ˘ω˘ )←オイ

ところで、前述したように少しの間ゲームから離れていたわけですが、先月末から再開して今もゲームに浸っております。
そんな私の生活に恵みをもたらしてくれたとっっっても有り難い作品は、人気作の内のひとつである「NORN9 ノルン+ノネット」のFD『NORN9 ノルン+ノネット LAST ERA』でございます!

これがもう超~~~~~~~楽しかった!!✨
恐らく久々の乙女ゲームだったというのも一因だと思いますが、それを抜きにしても私の好みにもドカンと勢いよくタックルしてきてくれたレベルだったし、作品自体のクオリティもかなり高かったように思います。

お正月はもうひたすらノルンやってました(笑) 私の正月はノルンで始まりノルンで終わった…😇
3人のヒロイン可愛すぎだしサブキャラ含めてどのキャラも皆好き!!

ノルンは本編の方があまり評価が高くなかったのであまり期待せずにプレイしたものですが、私個人としては本編の方も何故評価が良くないのか疑問に思うほど楽しめたので、FDも結構期待してたんですけど、その期待を遥かに上回るほどの出来ですごく満足度の高い作品となりましたね~。

ちなみに推しはクズと評判のロンさん(^ω^)異論は認める(笑)
でも、彼視点で本編のおさらいができる【FUGA】をプレイして、キャラクターが掴みづらかったロンが本編で何を考えていたのかを知って更に好きになりました。本編を終えた時点ではキャラ萌えは単体だったらロンさんかな~?って感じで、カプ萌えは絶対に暁人×七海!!って思ってたんですけど、それすら揺らいでいるくらい良かった…。

全体のシナリオの方も彼視点は萌えるし、前日譚は物語の補完という意味でもすごい面白かったし、後日談もシリアスとコミカル、糖度のバランスが良かったし、ボリュームもありすぎるくらいあったしで、他の要素も相まって私にとっての理想に近いFDでした!(*´艸`*)

そんなこんなで、既にラストイーラは惜しみながらもフルコンプしたんですけど、早速今年2作目の乙女ゲームに突入してのろのろとプレイしております。

現在はお借りしているハニビさんの『Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~ another record』をプレイしているんですけど……。ノルンの熱冷めやらぬまま次に行っちゃったので、イマイチ作品に入り込めないというか…😌設定とか好みだし、イラストもさといさんということですんごい綺麗だしで良い作品だと思うんですけどね。

シナリオの方は金太郎飴だって言われているし実際そうだけど、個人的にはまだ許せる範囲かな~って感じだし、なんだかんだ楽しんではいます。何よりノンストップでラスト1人のエンド回収の段階まで行ったんだから多分結構好きなんだと思うw
まぁそういう訳で、あとちょっとでフルコンプ達成なので最後まで楽しみたいと思いますよ~。


…と、かなり語っちゃいましたが、そろそろここで記事タイトルにもある通りもう1つのメインディッシュである《購入したブツ》についてのお話をしたいと思います😀

私のことをご存じな方の中には、私がかなり積みやがる奴だということを承知している方もいるでしょうが、今回もいつもの如く積み山を肥えさせてしまいました!←

だって安かったんだもん…(`ε´)いつまた値段が元に戻るかも分からないし、今の内に確保しておかないと…。それにゲームの合間にする勉強(←)のモチベーションを上げるためにもここで欲を満たすのは得策だようん。…あ、それにもうすぐ誕生日だし少し早めの自分への誕生日プレゼントってことで(あからさまな後付け)!

と言い訳をつらつら並べたところで現実(散財の事実とさらに高くなった積みゲの山)は変わらないんですけどね!!反省はしてる…。

ということで、今回お迎えした作品はこちらですよ~。

20180119191840a87.jpg

『忍び、恋うつつ』ツインパックと『蝶々事件ラブソディック』の計3本です("⌒∇⌒")

忍恋の方は、設定とか全体の雰囲気的に自分の苦手なタイプだろう…と思ってこれまで避けてきたんですけど、仲良くさせていただいてるブロ友さんから以前忍恋いいよ~との話を聞いて興味を持ち、ブロガーの皆様の感想を巡って面白そうだと意見を見事にクルッと反転させました😇

勉強に疲れたところで手っ取り早く癒してくれそうだな~という思惑も持ちつつ、ツインパックが安くなっているのを見て購入を決意。他にも積みまくってますけど近々プレイしたいと思います。

蝶々事件はですね…、これ発売前はすっごい期待されていた印象なんですけど、蓋を開けてみたら期待通りとは行かなかったみたいですね?さっと感想を見てみたんですけど、結構辛口な評価が多かった気がします。

実際、私がブツを購入した通販サイトでも、在庫処分ということで発売日からそう経っていないのにかなり値下げされていて驚きました(^^;
まぁおかげでかなりお安い値段で入手できたから私にとっては良かったけど。

一応前々から興味があったので、色々と落ち着いたらあまり期待せずにプレイしたいと思います。なのでそれまでは積み山に眠らせておきますね…( ˘ω˘ )

以上、私の散財記録でした!笑


はぁ~…それにしても久しぶりだけど結構書いたなぁ。そろそろ締めにします、ゲームもしたいし。

年末に出来なかったまとめとか諸々、やりたいこともあるのでまた近々顔を出すかもしれません(^^)その時は是非ともよろしくお願いしますね!

早く次のプレイ予定ゲームの百花百狼に進みたいので、布団でぬくぬくしながらリバソン頑張るよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
過去に書いたプレイ計画が全く機能せずに時の彼方に消え…ずに履歴残ってますけどそこはご愛敬。

ではでは、本日もここまでお付き合いくださりありがとうございました!💕



↓よろしければポチっと応援お願い致します(*-ω人)
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

黒みつきな子

Author:黒みつきな子
遅まきながら最近(具体的には2年前くらい)乙女ゲームにハマった成人済み♀。大学に通いながらのろのろペースで積みゲー消化中。ただし積みの山は低くならないどころかむしろ肥え続けている模様。
ちなみにかなりのものぐさのためゲームだけでなくプレイ感想も溜め込んでます。(と本末転倒なことを言ってみる)

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

現在のプレイ中ゲーム
◆Re:BIRTHDAY SONG~恋を唄う死神~another record kairi_icon_45.png
お気に入り
◆悠久のティアブレイド

h00_15.jpg

◆大正×対称アリス

t_alice_header_15.jpg

◆Blackish House

icon_noa_45.png

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
広告